ゴーン前会長起訴:新聞記者の見立てが、識者より当たるのは何故か

2018年12月10日 16:00

多分、検察当局から然るべくレクチャーがあるからだと思うが、今回のゴーン氏外の起訴については、大手新聞社の報道どおりになった。

日産サイト、Wikipediaより:編集部

指揮権発動を促したり、法人の日産を起訴するなら日産の西川社長以下の実務担当者の逮捕もなされなければおかしいのではないか、などと検察当局の捜査の方向性に疑問を呈される識者の方もおられたが、今日現在はそこまでのことはないようだ。

大手新聞社の報道どおりに事態が推移しているのであれば、大手新聞社のニュースソースの信頼性がそれだけ高いということになる。

「関係者の話によれば」という決まり文句が新聞紙上にしばしば登場するが、この場合の「関係者」というのは検察当局そのものか、ということになる。

多分、そのとおりである。
法務省の記者クラブで相当程度のことを聞いていなければ、とてもあれだけの記事は書けない。
日産側に聞いても検察当局の動きの詳細まで分かるはずがない。
弁護人や被疑者側に聞いても、検察当局の動きが読めるはずがない。

これを、検察当局のリークだ、などと批判めいた物言いをされる方がおられるが、検察当局も報道側も、ある程度こういうことを認めざるを得ないところだろう。

ちなみに私は、どんな意味においてもここでいう「関係者」ではない。
事態の推移について大いなる関心を持ってはいるが、情報は何も持っていない。

報道どおり、ゴーン氏もケリー氏も再逮捕されたようである。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2018年12月10日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑