50万円以上「人体実験」してわかった究極のクレジットカード選択術

2019年07月18日 14:00

クレジットカードをどうやって選ぶか。その選択基準は、年会費や会員メリットの変化によって刻々と変わっていきます。

資産運用と同様に、クレジットカードの利用方法に関しても「人体実験」を通じて体験したことをインナーサークルでシェアしています。クレジットカードの会費だけで、年間50万円以上かけて自分で使ってみてわかったことがたくさんありました。

そもそも、クレジットカードを利用するメリットとは、現金を持ち歩かなくて良いことにありますが、追加のメリットとしてポイントの還元があります。利用金額にもよりますが、利便性が高い上に、経済的なメリットがあるのですから使わない手はありません。

後者の経済的メリットに関しては、航空会社のマイルに変換して利用するのが最も還元率が高くなります(旅行をすることが前提ですが)。

したがって、ポイントの付与率だけではなく、クレジットカードのポイントをどの程度航空会社のマイルと交換可能かをチェックする必要があるのです。

最近は、年間の交換ポイント数に制限をつける航空会社も出てきました。また航空会社によってはポイント交換の対象にならないカードもあります。そういったルールの改訂も考慮して考えていかなければなりません。

昨年、キャンペーンの特典目的なども含め、10枚以上大量に発行したクレジットカードですが、利用方法が一通りわかり、そろそろ集約させようと思っています。どのカードを利用し、どのカードを解約すべきか。これはライフスタイルによっても変わってきます。

私のように納税手続きも含め、クレジットカードの利用が年間数千万円に達する場合、カードの選択でメリットが大きく変わってきます。

自分の人体実験だけではなく、最近はクレジットカードコンサルタントからも情報を集めるようにしています。

クレジットカードのポイントや航空会社のマイルの交換比率は、為替の両替レートと同じです。有利な両替ができれば、同じ利用金額でもメリットが大きくなります。

そしてその交換比率には、大きな「歪み」が存在します。だから、時間とコストをかけて情報を集める価値があるのです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年7月18日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑