2020年に東京で五輪を観戦できるか

2013年08月30日 12:00

来週の今頃は、2020年の夏季五輪大会の開催地がどこに決まるのか、マスメディアを始めとしてソワソワし始めているころでしょう。決定されるのは9月7日(現地時間)、アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれるIOC(国際オリンピック委員会)の総会です。候補地は日本の東京、スペインのマドリード、トルコのイスタンブール。8日の日曜日には、どこで開かれるのかわかっているでしょう。


ここにきての下馬評では、東京が頭一つ抜け出た、というものが目立ちます。英国などのブックメーカーでも東京優位らしい。日本国内の論評なので身びいきもあるんだろうが、かなり厳しく客観視しても、マドリードとイスタンブールと消去法で比べれば東京が残るような気がします。ある人に言わせると「もう東京で決まり」だそうです。そのせいかどうか、建設銘柄や不動産、飲食などのサービス業などの株が上がっているとかいないとか。もし東京に決まれば、スポーツ関連やテレビ、広告代理店などが盛り上がるのはもちろん、3兆円とも言われる経済効果が見込まれ、当然の如く消費税は8%に上がるでしょう。

表題ブログでは、五輪競技で決勝が行われる時間について書いています。これが狂うと時差ボケになったりするサーカディアンリズム(概日リズム)と体温の関係が重要らしい。目が冴えて体温が上がる時間帯に合わせている、というわけなんだが本当でしょうか。それよりも運営やテレビ局の放映の都合のほうが、ずっと優先されているような気がします。いずれにせよ、マドリードやイスタンブールで開催されたら、2020年の真夏に眠れない毎日が続くことになる。東京でやってくれたら助かる人も多いでしょう。

ビーカイブ
オリンピックの決勝が夜に多い理由


神奈川の土地を111,111円で買った
10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ
土地なんてのの値段はあってないようなものです。このブログ主が買ったのは、神奈川県の相模川のすぐ近く、堤防の一部になっている物件らしい。河川敷みたいな感じ。それを11万円くらいで買ってしまう。どんな使い道があるのかといえば、畑で菜園を作るとか。テントで生活して洪水が起きそうなら避難するんだそうです。

WEBデザインの仕事を効率化するために便利なWEBサイト&サービス8選
LIG
RGBの発色っていうのは透過光なので、CMYとはかなり発色や見え方が違います。webデザインの場合、扱うのはRGB。目的の色をどう出すのか、CMYは印刷工場のインクの盛りにかかってました。しかし、RGBは数値を打ち込めばすぐに出てくる。便利です。この記事ではこうした色の出力を簡単に出してくれるサイトやwebでよく使われる横幅960ピクセルのデザイン見本なんかをそろえたサイトを紹介。活用できそうです。

Online Ad Company Turn Launches In Japan
TURN
クラウドマーケティングのプラットフォームを提供する米国の企業www.turn.comが、日本で事業展開を開始した、というリリースです。シリコンバレーに本拠地を置き、今回は日本人の責任者を中心にアジア太平洋地域のマーケティングをしていくらしい。ネット上の広告はその規模を拡大し、影響力も増しつつあります。企業側も高い広告宣伝費をかけるわけで、訴求効果は気になるところ。この業界もグローバルな戦国時代に突入です。

ついにグリーが赤字に転落 来期予想を開示できず
ガジェット通信
諸行無常は世の常とはいえ、IT系企業の栄枯盛衰の速度が早まっているような気がします。グリーが我が世を謳歌していたのは、つい数年前。それが赤字になっちゃったらしい。Mixiの復活も難しそうです。DeNAも3四半期連続で減益で元気がない。一方、ガンホーなんかも出てきたり、ちょっと気を抜くと競争に負けてしまう厳しい業界のようです。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑