GEPR更新=遺伝子組み換え作物見学会(8月16日)

2016年08月16日 23:22

screenshot

アゴラ研究所の運営するエネルギー・環境問題のバーチャルシンクタンクGEPRはサイトを更新しました。

 今週のアップデート

1)日本産の遺伝子組み換えトウモロコシを食べてみた-見学会報告

アゴラ研究所は遺伝子組み換え作物の見学会を行いました。日本モンサントの協力で、同社の実験農場を見て、遺伝子組み換えトウモロコシを食べました。この問題を取り上げ、日本の農業の技術による変化を考えていきます。

2)遺伝子組み換え作物って何?

アゴラ研究所所長、池田信夫さんの論考です。遺伝子組み換え作物を利用することで、大きく農業が代わり、先駆的に行えば儲かるということを指摘しています。

3)【言論アリーナ】原子力発電は地域振興に役立つのか?

2016 年8月12日公開。出演は原子力メーカーの技術者で、現在は原子力をめぐる制度研究を行っているNPO法人パブリック・アウトリーチ・上席研究員の諸葛宗男さん、地域振興コンサルタントとして原子力の立地地域に詳しい、開発計画研究所所長の石井政雄さんた。立地地域と原発の未来について考えました。

4)企業家が活躍、米国農業-IT、遺伝子工学、先端技術を使用

米国の農業地帯を8月に記者が訪問、その優れた姿を紹介します。簡単な報告で、のち詳細なものを提供します。

5)遺伝子組み換え作物は安全と米科学アカデミーが報告

16年5月に遺伝子組み換え作物(GMO)をめぐって米科学アカデミーが詳細な報告を行いました。安全という内容です。米国の専門家は、社会的な議論のある問題に対して、日本の専門家と比べ、積極的に向き合います。

今週のリンク

1)欧州の石炭事情

WWF。8月公表のリポート。ドイツの石炭の使用増で、他地域より同国の健康被害の統計が増加しているということです。

2)遺伝子組み換え作物報告、特設サイト

米科学アカデミーが5月に公開したサイトです。遺伝子組み換え作物の現状を包括的に評価しました。

3 )GMO作物の表示義務化法案、議会を通過

NYタイムズ7月14日記事。GMOの統一表示義務が米国で実施される見通しです。これまで各州で基準はまちまちでした。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑