英RUSIが、北方領土進展に期待する日本に冷水を浴びせる論考

2016年10月23日 06:00

12月のプーチン来日に際して、北方領土交渉の進展(2島返還)があるのでは、と期待が高められているのに対して、イギリスの王立防衛安全保障研究所(RUSI)のウェブサイトに、冷水を浴びせる論考が掲載された。
日本はunrealistic expectationsを持っていると。そもそも前提間違っとると。

つい最近もウクライナでクリミアを奪取して国家の英雄となったプーチンが、日本に対しては領土を割譲してあっと言わせるのか?そんなことはありえない、日本はロシアの時間稼ぎや、空約束の技術によって、失望させられるだろう、とのこと。どうなるんでしょうか。冒頭近くのまとめの部分を引用。認識が正しいかどうか、政治的な意図が裏にあるのかどうかは別にして、文章の書き方がうまいなあ。

Russian President Vladimir is scheduled to visit Japan in December. And if current Russian media sources are to be believed, the two countries are negotiating a territorial deal, under which Russia will return two of the disputed islands to Japanese sovereignty. Is the man who was only recently hailed as a hero in his own country for seizing Crimea from Ukraine, the macho leader who rides the steppes of Russia bare-chested, about to surprise the world by giving away a bit of territory which belongs to Mother Russia?

Not in the slightest; Japan is likely to be disappointed yet again by a Russian technique of stalling, and a promise of a compromise which will never happen.

駄目押しで、

The Russians are happy to let Japan speculate on the topic, but the chances of any substantial deal are zero.

だそうです。
さらにとどめをさして、中国包囲網にロシアが加わってくれることなんてないよ、だそうです。

More profoundly, Japan’s assumption that Russia’s friendship can be harnessed in containing a rising China is misconceived.

どうなることやら。


編集部より:この記事は、池内恵氏のFacebook投稿 2016年10月22日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は首相官邸サイトより引用)。転載を快諾された池内氏に御礼申し上げます。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
池内 恵
東京大学先端科学技術研究センター准教授

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑