人間関係は「クレクレタコラ」ではなく「GIVE&GIVE」から

2017年06月30日 11:30

久しぶりに、異業種の方々が集まる会に参加しました。この手の集まりは、どちらかというと苦手な方で、積極的には出席しないのですが、昨日の会は、とても気持ちの良い時間を過ごすことができました。

初対面の人たちが多く集まるこのような会に参加して、良かったと思えたのには、いくつかの理由があると思いました。

まず、メンバーの関係性です。初対面といっても仕事や交友関係に接点があれば、そこから話が弾んでいきます。ある程度の共通点があったり、意外な接点が見つかったりするような方とお会いすると参加して良かったと感じる人が増えてきます。これは幹事役の人のセンスと人脈で決まります。昨日初めてお会いした方々から早速、新しいビジネスのお話を頂きました。

そして、次に重要なのが参加メンバーのお人柄です。昨日はベンチャー企業やコンサルティング会社の経営者の方だけでなく、元プロ野球選手でオールスターファン投票1位になった方など、ユニークな顔ぶれでしたが、皆様気さくで気取らない方ばかりでした。この手の会で自慢ばかりしている人に会うことがありますが、そんな人が一人いるだけで会の雰囲気が台無しになってしまうこともあるのです。

しかし、最大の要因は、参加メンバーではなく、自分自身にあると思います。

20代の頃に異業種交流会に頻繁に出かけていたことがあります。会社では得られない何かを手に入れたいというのが動機でしたが、時間とお金の無駄に終わりました。その理由は、自分がお会いした方々に対して、何も「GIVE」(与える)できるものがなかったからです。会合に出かけていき、何かもらえませんか?と歩き回っているだけの「クレクレタコラ」状態では、価値の交換は発生しません。

人間関係の構築で意識すべきことは、仕事でもプライベートでも如何に自分が相手に対して「GIVE」できるかです。自分が「GIVE&GIVE」を繰り返せば、周囲が変わっていきます。そして、参加している人たちが同じ気持ちになれば、そこにいつか「GIVE&TAKE」の関係が生まれます。与えるものは、損得勘定の経済的なものでなくても構いません。

お誘い頂いた幹事の早川周作さん、倉田陽一郎さん。ありがとうございました。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

■ 累計17万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年6月30日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

【おしらせ】資産デザイン研究所が、8月26日に開催する第6回「世界の資産運用フェア」で、池田信夫、渡瀬裕哉さんがゲストとして登壇します。詳しくはこちらをご覧ください

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑