【映画評】彼女がその名を知らない鳥たち

2017年10月30日 06:00
映画「彼女がその名を知らない鳥たち」オリジナル・サウンドトラック

15歳年上の男・陣治と同居し、彼の少ない稼ぎに依存しながら、働きもせず怠惰に暮らす十和子は、8年前に残酷なやり方で自分を捨てた男・黒崎のことが忘れられずにいた。ある日、十和子は、黒崎の面影と重なる妻子持ちの男・水島と出会い、彼との情事に溺れるようになる。そんな中、突然やってきた警察から黒崎が行方不明になったと知らされる。どんなに罵倒されても十和子につくし続ける陣治が執拗に自分を付け回していることを知った十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い始める…。

嫌悪感を抱く男に依存する身勝手な女と、異常なまでに彼女に執着する下品な男の歪んだ関係を描くミステリー仕立ての恋愛映画「彼女がその名を知らない鳥たち」。原作はイヤミスの小説家・沼田まほかるの人気小説だ。何しろ、共感度0パーセント、不快度100パーセントとのキャッチコピー通り、登場人物はろくでなしばかり。自分勝手で自堕落な暮らしを送る自己中女の十和子。不潔で卑屈でストーカー気質の中年男・陣治。身勝手で卑劣、時に暴力さえふるうゲスな男・黒崎に、不誠実で薄っぺらなクズ男・水島。十和子のせりふではないが、どいつもこいつも虫唾が走るヤツばかりだ。

徹底的に共感を拒むキャラクターたちが引き起こす事件には、もちろん意外なオチがある。これが案外読めてしまうので、ミステリーとしては少し弱い気がするが、自分勝手な十和子が欲望に忠実であることがひとつの鍵だ。そう思ってこのラストを思い返すと、この作品が、究極のラブストーリーだと思えてくる。白石和彌監督は「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」などの実録もので人間の醜い部分を容赦なくあぶり出したが、本作では、欠点を隠そうともしない人間臭い男女を通して愛の本質に迫っている。その気概に、蒼井優と阿部サダヲの2人が凄みのある演技で答えた。劇中では、十和子の心にふと紛れ込む幻想が、醜い現実をより一層際立たせるが、最後に登場する鳥の飛翔の美しさは、愛に飢えた人々に一筋の光を与えているかのようだった。
【70点】
(原題「彼女がその名を知らない鳥たち」)
(日本/白石和彌監督/蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、他)
(共感度:☆☆☆☆☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年10月29日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Twitterから)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑