甲子園球児の名前は個性的⁉︎

2018年03月25日 06:00

春の選抜高校野球が始まり、熱戦が繰り広げられている。

プロ野球と違って1度敗退すると「ジ・エンド」なので、各チームの監督や選手たち、応援の人たちの必死さがテレビ画面を通して伝わってくる。

試合とは全く関係ないことだが、バッターボックスに入った選手の名前の読み方がわからないことが、最近特に多くなったような気がしてならない。姓でなく名の方だ。

間違いなく読める選手の割合が、5人に1人くらいという試合もある。
考えられる原因のひとつは、高校生男子の名前が(キラキラネームとまではいかないまでも)個性的になり過ぎているということだ。

甲子園球児の名前だけが個性的になったのではなく、母集団に個性的な名前が増えたのかもしれない。
考えられる原因のもうひとつは、個性的な名前の方が甲子園球児になりやすいという(かなり強引な)推測だ。

両親が子供に大きな期待をかけて個性的な名前を授け、小さいときから野球の練習に力を入れさせた結果かもしれない。
漫画ではあるものの、星飛雄馬という極めて個性的な名前の主人公がいた。鬼親父の星一徹が一生懸命名前を考えている姿を想像すると、思わず噴いてしまいそうになるが(笑)

個性的を超えて奇抜な名前を見ると、時々気の毒になる。
姓の方は裏技で何とか変えられるが、名の方は家庭裁判所の審判が必要で、そう簡単には変更できない。

姓は、変えたい姓の人と結婚等をすれば簡単に変えられる。
その後どうするかは本人同士の問題だ。

高校時代、殷次という名の国語の教師がいた(「たかつぐ」と読むらしい)。

彼は常々、私たち生徒の前で、「お前たち、決して子供に奇抜な名前を付けるなよ。一生苦労するからな」と切々と説いたものだ。
常日頃から生徒たちに「インジ」と呼ばれていただけに、強烈な説得力があった。

昔の教師の受け売りではないが、あまり奇抜な名前は長い人生を考えれば気の毒だろう。
キラキラネームの女の子が、高齢者になった時のことを想像してみよう。

星飛雄馬は昔の話で、今は鈴木一郎の時代なのだ。

説得の戦略 交渉心理学入門 (ディスカヴァー携書)
荘司 雅彦
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-06-22

編集部より:このブログは弁護士、荘司雅彦氏のブログ「荘司雅彦の最終弁論」2018年3月24日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は荘司氏のブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑