犯罪被害者の人権を銭儲けのために弄ぶ記者クラブメディア

2018年05月18日 06:00

新潟の女児殺害事件ですが、あいもかわらず日本のメディアは被害者の氏名や写真、学芸会などの映像を晒しております。この中には人権にうるさいリベラル系の朝日新聞や皆様のNHKも含まれております。

女児殺害「事故にみせかけるため線路内に置いた」と供述(NHK)

「女児殺害は車内で」説明 遺体乗せたまま移動か 新潟(朝日新聞デジタル)

果たして、被害者を晒すことにどこに報道の価値があるのでしょうか。
故人とその家族に苦痛をしているだけです。

ゲスな読者や視聴者の野次馬根性を満たす見世物を提供するのが報道機関なのでしょうか。

これが「ゲスな週刊誌」だけならともかく、自らを報道機関のエリートであり、高い規律とモラルを有している記者クラブ加盟メディアもやっております。

別に被害者の情報やら画像を繰り返し暴露し、被害者やその親族、友人を傷つけることが「報道」や国民の知る権利を満たすわけでもないでしょう。これが先進国のメディアの体質であるとは全くもって信じられません。

こういう媒体が人権とか、個人情報の保護とか偉そうにいっても悪い冗談としか思えない。

これが「ゲスな週刊誌」だけならともかく、エスタブリッシュメントな「報道機関」を自称し、それが故に当局の取材機会を独占しているテレビ、新聞などがやっているわけです。

彼らは自分たちこそがメディアの代表であり、高い見識をもっている。故に記者クラブが当局の取材機会を独占する権利があるのだ、というようなことを普段行っているわけです。ところがやっていることは「ゲスな週刊誌風情」と同じです。それでなんで、取材機会を独占するのか。

警察などが報道機関向けに被害者情報を出しても、それを報道しない「見識」「モラル」があるはずです。とこが、横並びで報道しないと遅れをとると困るという非常にくだらない理由で人権侵害をしているわけです。

同じ文脈で容疑者をあたかも犯人かのように断定して、「容疑者の男(女)」などと報道して無罪となってもバッくれます。こういうお上に頼り、その情報を取捨選択もせずに垂れ流して、当局の広報と化しているのが記者クラブメディアです。

そのくせ山口某による伊藤詩織のレイプ事件に関して殆どの記者クラブメディアは政権を忖度してかマトモに報道してきませんでした。

こういう連中がジャーナリズムを名乗ることは犯罪的であると言えます。
単なる民間の一任意団体に、しかも品性下劣な連中にいったいどういう権利があって他の媒体やジャーナリストを取材機会から排除しているのでしょうか。ソ連や中共で権力を握った、ある意味極左暴力集団のゴロツキが標榜するプロレタリアート独裁と同じです。

記者クラブメディアに限らず、犯罪被害者や容疑者の人権には配慮するべきです。
こんなことばかりしておるから、どんどん読者、視聴者がメディアから離れているのですが、危ない組織ほど当事者意識が欠如しているようです。


編集部より:この記事は、軍事ジャーナリスト、清谷信一氏のブログ 2018年5月17日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、清谷信一公式ブログ「清谷防衛経済研究所」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
清谷 信一
軍事ジャーナリスト、作家

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑