「希少性」が高まると代替が効かないという「ジレンマ」

2018年10月07日 11:30

今週は東京と大阪でセミナーが続きました。気温の変化が大きかったせいか、喉をやられました。声が少しかすれてしまい、来場者の方に、お聞き苦しい思いをさせてしまいました。

幸い、薬とビタミンの大量投入で、ドランゴンカルビ(写真)を自分で焼いて食べられるくらいまで早期回復しました(全部食べた訳ではありませんw)。今回、改めて認識したのは、健康維持の重要性です。

私の仕事には、代わりがいません。

人体実験に裏打ちされた、金融資産と実物資産を組み合わせたハイブリッド投資。そんなオンリーワンの価値提供にこだわって「内藤忍のお金の世界」を構築し、個人投資家の皆様に提案してきました。だから、私以外に経験を教えられる人がいないのです。

誰でもできる仕事には、希少性がありません。コモディティ化してしまい、価格競争に巻き込まれビジネスとして収益化しないのです。そうならないためには、自分にしかできない価値を作るセルフブランディングを意識することが重要だといつも思っています。

しかし、そんな風に希少性が高まれば、今度は代替が効かなくなるジレンマがあります。

2001年からこれまで何百回と講演やセミナーで講師を務めてきましたが、止むを得ず欠席したことが一度だけあります。10年以上前に胆石で日赤病院に緊急入院してしまい、この時は代役をお願いしました。

それから、健康維持には気をつけているつもりです。

幸い両親のお陰で、体は丈夫で、無理の効くタイプだと思ってます。しかし、油断は禁物です。

会場までわざわざ来てくれるお客様、セミナーを一緒にやっているスタッフに迷惑をかけないよう、体調管理に引き続き気をつけたいと思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年10月7日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑