高輪ゲートウェイは、ミスチル風に「タカゲー」にすれば良い

2018年12月05日 11:30

JR東日本は、2020年春に暫定開業する山手線と京浜東北線の品川と田町間に完成する新しい駅の名称を「高輪ゲートウェイ」に決めたと発表しましたが、これが評判悪いみたいです。

後ろに長いカタカナ表記が付いた駅名が、長ったらしく使いにくくて、ネーミングセンスが悪いということで、早速ネット上では他の駅も全部カタカナ表記にした新駅名の提案まで登場しています(図表)。

「田端ナッシング」「新橋サラリーマンサンクチュアリ」といったネーミングには笑いました。

長い名前を問題視する人がいますが、目くじら立てたり、絶望して自殺しそうになったりする必要はありません。日本人はネーミングの省略が得意です。「懐かしのメロディ」が懐メロに、「ミスターチルドレン」がミスチルになるように、高輪ゲートウェイは、そのうちきっと「タカゲー」と呼ばれるようになっていくことでしょうw。

それよりも気になるのは、JR東日本が事前に駅名案の募集を行っていたこと。その結果のベスト3は次の通りです。

第1位「高輪(たかなわ)」
第2位「芝浦(しばうら)」
第3位「芝浜(しばはま)」

「高輪ゲートウェイ」は130位だったようです。なぜ、このような人気に無い駅名を敢えて選んだのか。

発表すれば、投票の意味は無いのではないか、あるいは誰がどういうプロセスで駅名を最終決定したのかといった突っ込みが入ることは、想定できたはずです。ネット上でまた犯人捜しと公開処刑がはじまらないかと心配です。

駅名というのは、外国人や初めて東京に来た人にも間違えたり迷ったりしないことが一番大切です。

個人的には高輪ゲートウェイに大騒ぎする前に、原宿と明治神宮前、二重橋前と東京(丸の内)、浜松町と大門といった駅の二重名称問題や、「武蔵●●」という駅名が多くて混同する人が多いといった、現実的な問題解決にもっと目を向けるべきだと思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年12月5日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

 

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑