「他責」と「言い訳」からは幸せは生まれない

2019年04月26日 16:00

幸せになれない人を見ていると、共通する思考があることに気がつきます。

それは、悪いことが起こると他責にし、自分を正当化するために言い訳ばかりしていることです。

まず、何でも他責にする人には幸福はやってきません。なぜなら現実を自分の都合の良いようにしか認識していない自分勝手な人だからです。

(写真AC:編集部)

(写真AC:編集部)

何か問題が起きると人のせいにし、自分が悪くないと正当化する。何でも他人や環境のせいにしてしまう「他責」の人には、自分が批判している人や環境を選択しているのは、自分であるということが見えていません。

他責にする前に、まず自分に問題は無かったかと、自責を考えるべきなのに、自分を棚に上げてしまう。

そもそも人のせいにしたところえ、問題は何も解決しません。過去と他人は変えることができず、変えられるのは自分と未来だけだからです。

また、言い訳ばかりしている人も、自分の状況を正当化しているだけです。そこからポジティブな流れは生まれませんから、明るい未来はやってきません。

例えば、資産運用セミナーに参加しているのに「まだよくわかっていないから」「忙しくて時間がないから」「家族に反対されているから」などと理由を探し、いつまでたっても始めない人がいます。

やるかやらないかは本人の自由ですが、言い訳ばかりしているなら、そもそもセミナーになど参加しなければ良いのです。周りにネガティブな空気をまき散らし、前向きになって参加している他の参加者にマイナスの影響を与えてしまいます。

他責や言い訳ばかりで生きている人とは、あまり関わらないようにしています。そんな話を聞いても、まったく楽しくないからです。

失敗を恐れず、結果を自己責任で受け入れ、現状に対して言い訳をしない人。そんな魅力的な人とのお付き合いを深めていきたいと思っています。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年4月26日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑