ニセコはこれから「日本の中の海外」になる

2019年08月11日 11:30

うっちん☆/写真AC:編集部

インナーサークル資産設計実践会のゲストとして北海道からパーフェクトパートナー代表の末岡さんが登壇してくれました。

末岡さんは北海道で1000室以上の不動産を保有する「ギガ大家さん」ですが、デベロッパーとして開発案件も手掛けています。

お話の中で最も興味を持ったのは、ニセコと倶知安の不動産です。

私は国内不動産に関しては、東京23区以外は基本的に手を出さないようにしています。しかし、末岡さんの話を聞いて、ニセコと倶知安のポテンシャルに注目するようになりました。

雪質の良さから外国人が集まり、世界的なウィンターリゾートエリアとして注目されるようになったこのエリアは、5年連続で地価上昇率日本一という北海道の中でも特異な場所に変貌しました。冬になると、街中がスキーなどを楽しむ外国人観光客だらけになるそうです。

そこに北海道新幹線の建設も始まっています(図表)。いずれ予定通り完成すれば、倶知安駅はニセコの玄関駅として、今まで以上に発展することになります。函館から札幌まで新幹線が開通すれば、東京から飛行機を使わなくても陸路でニセコに行くことができるようになります。国内のアクセスが更に良くなれば、日本人の観光客も増えるはずです。

世界的なリゾートエリアになると思われるのには、もう1つ理由があります。ハイクオリティな外資系ホテルの進出です。

倶知安町岩尾別に、パーク・ハイアット・ニセコHANAZONOが、そしてニセコ町字東山にザ・リッツカールトンリザーブという高級リゾートホテルが相次いでオープンします。

日本のリゾートホテルではなく、世界的なブランドホテルがこのエリアに集中する。札幌にも無い5つ星ホテルです。ウィスラー、ツェルマットといった誰でも知っているスキーリゾートと肩を並べる有名観光地に生まれ変わる可能性を秘めています。

末岡さんとは20日にこちらのセミナーでコラボレーションすることになっています。既に80名以上のお申込みがあり、残席は20席ほど。

そして、10月には私も北海道に出かけて、末岡さんにニセコ・倶知安を案内してもらうことにしました。個人投資家の参加者も募集して、みんなで出かけたいと思っています。こちらのツアーの詳細も20日のセミナーでご案内します。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年8月11日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑