まだ東北の震災のこと覚えていますか?

2019年08月14日 21:00

2009年から、丸の内朝大学マネーコミュニケーションクラス(通称マネークラス)で講義を続けています。これは、東京の丸の内で会社で仕事をする前に集まってお金について学ぶ講座です。たくさんのクラスがありますが、マネークラスは10年で累計1000名以上の受講生が集まった、丸の内朝大学で最古・最大のクラスです。

今年は、丸の内朝大学自体がお休みということで、講座はまた来年の開催になりそうです。そこで、事務局にお願いして、来月末に東北に出かけるツアーを企画してもらいました。

2011年の東日本大震災後、マネークラスの受講生と一緒に、東京での講義終了後、何度も東北の被災地を訪れ、復旧・復興に向かう事業者の皆さんのお話を聞かせてもらいました。

ささやかではあるものの、少しでも被災地をサポートしたいというのが始めた動機でしたが、気が付けば毎回、多数の受講生が気づきや感動を持って帰ることができる貴重な機会になりました(写真は以前の丸の内朝大学のスタディツアーから)。

まさに「与えることは、与えられること」です。

この10年で仙台・塩竈・石巻・女川・南三陸・美里・気仙沼・陸前高田・大船渡・一関など、宮城と岩手の各地を巡りました。私は、元々東北には、直接関わりがある訳ではありません。でも、いつしか東北の人たちのファンになり「また会いたい」という気持ちが高まって、ずっと続けてきました。

震災直後は、芸能人を始め、日本全国からたくさんの人が集まった東北も、今では震災の記憶も風化しつつあり、静かな街に戻っています。しかし、そんな今こそ、たくさんの人が東北に行って、現状を見て何かを感じて欲しいと思います。

メディアが騒いでブームになると大挙して押しかけ、ブームが去ると忘れてしまう。それよりも、細く長くお付き合いを深めていく方が、お互いにハッピーではないでしょうか?

9月28日から1泊2日で出かけるこちらのツアーは、費用の面から、40名以上で催行としていましたが、東北の皆様の熱い想いを感じ、採算度外視で参加人数に関わらずツアー開催することに決めました。

いつも、訪問する度に勇気と感動をもらっている、気仙沼市の斉吉商店、アンカーコーヒー、唐桑御殿つなかん、男山酒造、そして岩手の陸前高田市の八木澤商店を訪問します。

今まで丸の内朝大学を受講したOB・OGの人も、丸の内朝大学とはご縁の無かった人も、是非ご参加ください。私も全行程に参加して、皆さんと笑い、泣き、楽しく思い出に残る時間を作りたいと思っています。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年8月14日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑