本は書店ではなく「コンビニ」で買う時代

2019年10月23日 14:00

「初めての人のための資産運用ガイド」が再び増刷されました。10万部、20万部と積み重ねていき、遂にシリーズで30万部です。今回のムックは、書店には置かれず、コンビニエンスストアのみの販売となります。

書籍が書店で売れなくなって、出版社は新しい販路を模索しています。その中の有力なチャンネルがコンビニエンスストアです。毎日利用する人が多く、通りがかりに目についた書籍を手に取ってもらおうという販売戦略です。

コンビニエンスストアに行って雑誌・書籍コーナーを見るとわかりますが、恋愛、健康、グルメ、占い、運命といった多くの人が興味を持つテーマに関する書籍が並んでいます。

お金もその中のテーマの1つです。お金の不安がない人はいませんし、誰もが経済的に豊かになりたいと思っているからです。

書店の投資関連書籍売り場には、投資に興味のある人しかやってきません。多くの人に手に取ってもらうためには、既に投資に興味を持っている人が集まる場所ではなく、不特定多数が目につくところに置かれる必要があるのです。

そんな不特定多数を対象とする今回のムックは、投資信託を始めとする金融商品を使った資産運用がメインで、不動産投資は含まれていません。

投資未経験者を対象にし、まずは投資に対する「危ない」「あぶく銭」といった偏見を取り除き、少額でも良いので始めてもらうことを目標に制作しています。対象は投資初心者向けですが、内容に関してはかなり周到に練り上げられた自信作です。

アマゾンで注文することもできないコンビニエンスストア専門書籍と言う特殊な販売形態です。もしかしたら書店で本を買うと言う習慣はそのうちなくなってしまうのかもしれません。

コンビニエンスストアで見かけたら、なくならないうちに、是非お買い上げください(笑)。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年10月23日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑