山本太郎、都知事選出馬にネット「都知事選は都民の苦行に」の声

2020年06月15日 16:01

れいわ新選組の山本太郎代表は15日昼、東京都内で記者会見し、東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)に出馬することを明らかにした。

出馬表明の記者会見をする山本氏(れいわ新選組YouTubeより)

山本氏の出馬を巡っては昨年夏の参院選落選後、何度も取り沙汰されてきたが、立憲民主党、共産党などの左派野党の統一候補として立候補できないか、他党と交渉していた。しかし、山本氏によると、立憲民主党などは、れいわ新選組の公認ではなく無所属での出馬を要求。交渉は一度途絶えたが、その後、山本氏が無所属での出馬を呑む代わりに、消費税5%への減税を野党統一の政策とするように求めたが、立憲民主党などは受け入れなかった。

過去に2度、野党推薦で出馬して次点だった弁護士、宇都宮健児氏が先に出馬を表明したこともあり、左派野党の支持者の間では票割れを懸念する声が相次いでいるが、政界関係者によると、山本氏の陣営は前日までにポスター制作の発注をするなど準備を進めており、この日の出馬表明に踏み切った。

山本氏の出馬表明のニュースを受けて、ツイッターでは、

山本太郎を支持します!頑張れ!

といった支持者の声もあったが、

ほかの野党支持者などから

かき回してるだけじゃないか 見損なったよ

何をしたくて都知事選出るんだろ。全く意味不明。とにかく話題が作りたいだけ?

などと批判する声が噴出。

山本氏のアンチの人たちからは

東京都民じゃなくて、よかったとつくづく思う。

都知事選、苦行にもほどがある

などと冷めた声も多かった。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑