大学とは何か?

2010年11月08日 10:00

このタイトルは何だか明治の初期の論文のタイトルのようですが、今こう訊ねられた人は、どう答えるのでしょうか? 当事者である文部科学省の幹部や、大学の先生方、学生を含め、多くの人達の答はそれぞれに相当異なったものになるように、私には思えます。


しかし、今、この瞬間も、この定義さえ定まらぬ「大学」に入学する為の受験勉強に、多くの若者達が多大の時間をかけ、神経をすり減らしています。そして、一旦入学すると、4年間(修士課程に進む人は6年間)の長きにわたり、大学の構内で過ごす時間が彼等の生活の中心になり、国からも家計からも、毎年膨大な金銭が拠出されます。

ここで使われている時間と金銭の事を考えると、「大学」というものは、我々の社会全体にとって明らかに極めて重要なものなのでしょう。しかし、もしそれがそんなに重要なものであるのなら、それが正しく機能しているかどうかに、我々はもっと関心を持つべきです。

私の考えは単純明快です。全てを一概に評する事はできないとしても、私は、全般的に見て、「現在の日本の大学のあり姿は正しくなく、大きな改革がなされなければならない」と思っています。現状は、若者達の為にあまりなっていないのみならず、日本の産業全般の競争力を押し下げ、日本の将来を危うくしていると言っても過言でないと思います。

事実をありていに言えば、多くの企業は、そこで彼等が何を学んできたかについては殆ど関心がないにも関わらず、「何処の大学を出たか」を、新入社員選考の基本的な「入り口」にしているかのようです。ですから、多くの若者達は、そこで何を学んだかよりも、「卒業した」という事実の方が重要と考えているでしょう。この様な「実質より看板を重視する姿勢」は、全てのモラルハザードの源泉であり、生産性を害する元凶です。

さて、それでは、最大の当事者である各大学の学長や総長、教授会の主たるメンバーはどう考えているのでしょうか? 私の推測では、彼等の多くは、明治以来の「大学の定義」を、今なお日々復唱しているのではないかと思います。それは、一言で言えば、「大学は学問をする所である」という事です。具体的には、「教授や準教授、講師、及びその他の職員は、日々研鑽して自らの知識を深め、疑問に対する新たな解を見出し、その結果を、授業やゼミナールを通じて学生に伝授し、学生の知識習得や思索を助ける」というところでしょうか?

しかし、これは美しい言葉で表現された「建前」に過ぎず、「大学」というシステムを支えている納税者や、そのシステムの利用者(学生や、学費を支払っている学生の保護者、卒業生を雇用する企業など)のコンセンサスを得ているようには思えません。明治時代に日本で初めて大学というものが設立された時からは、既に多くの年月が過ぎており、社会のあり方は大きく変わってきているのですから、人々が大学に求めるものも変ってきているのは当然なのに、肝腎の当事者には、その意識があまりない様に思われます。

ところで、私が今回この事を話題にして、皆さんのご意見を伺いたいと思ったのには、それなりの理由があります。

実は、数日前に、私は在京の某一流私大の理工学部の教授を務めるT先生という人の話をお聞きし、痛く感心しました。しかし、それと同時に、この人のようなやり方は、未だ多くの大学ではかなり異端(マイノリティー)であり、大学のあり方の方向性を決める上では、殆ど影響力を持てていない事も知りました。それは、私にとっては大変残念な事でした。

この人は、十数年前に某メーカーの技術部門からこの大学に転籍してこられた人で、赴任当初は、「果たして自分が何か人に教えるに足るだけのものを持っているだろうか」と悩み、学生達にも、「技術は日々進んでいくもの故、自分は君達に教えるというよりは、君達と一緒に学び、考えていきたい」と、率直に語っていたという事です。

しかし、それから十数年を経た現在、この人の授業も、この人の研究室も、学部内では最も人気があるようです。研究室に所属する学生達は、他の研究室とは比較にならない程の大きな負担があるにも関わらず、むしろそれを喜び、休日も返上して研究に励んでいると聞きます。それというのも、T先生が、学生達にはっきりとした目的意識を持たせ、実社会のニーズと結びつきそうな研究をさせているからだと、私は思いました。

現実に、この人の研究室では、現在、複数の企業からの委託研究も受注している由です。委託研究と言っても、受け取る金額は数百万円といった規模ですから、企業側からすれば僅かなものでしょう。「将来もしかしたら大きな需要を生むかもしれない」といった種類の、斬新でユニークな基礎研究なので、自社内にはこなせる人間が見当たらず、それ以上に、「内部のリソースを使えばもっと大きなコストがかかってしまう」故の発注だったと思われます。

しかし、学生達が目を輝かせてこの研究に取り組んでいる様は、私にも容易に想像がつきます。学生達は、この研究の結果がもたらすであろう事に興味津々であるのみならず、この仕事を通じて実社会に繋がっているという事を、心から喜んでいる筈です。

「現代の若者達は無気力だ」と、大人達は勝手に決め付けてしまっていますが、果たして本当にそうなのでしょうか? 実は、「現在の社会の仕組み」や、「物事を決める立場にいる人達の階層構造」が、本来はもっと可能性を持っている筈の若者達を、そのような「惰性で動く方向」へと、追いやってしまっているのではないでしょうか? 頭脳も感性も未だ柔軟で、伸び盛り、鍛え時の若者達の時間を、大人達は粗略に扱いすぎていると思います。「放任」や「甘やかし」も、「粗略に扱っている」のと同義です。

T先生の監督下で受託研究を行っているチームは、企業内の組織さながらに、一人のリーダーが指揮するプロジェクトチームを組成しているらしいのですが、発注者側のスケジュール遵守の要求が厳しいので、責任ある立場の上級生も、比較的受身の下級生も、誰一人手を抜くメンバーはいないとの事です。

(そんな姿を見ているからなのでしょうか。現在多くの学生達が就職難に怯えている中でも、「自分の研究室にいる学生については全く心配なない」と、T先生は自信満々でした。)

私は以前から、「企業はもっと大学の研究室などを使って、学生のエネルギーを利用すべきだ。学校側にとっても、学生に絶好のトレーニングの場を与えられるので、歓迎する筈だ」と考えていたので、この話を聞くと、まさに我が意を得た感がありました。しかし、T先生の所属する大学の学内には、こういうやり方に反発する先生方もいるようです。「大学は『学問』をするところ。『研究』は純粋であるべきだ。企業に迎合するのは如何なものか」という事なのでしょう。

私も、全ての研究が現実社会のニーズに直結すべきだとは思いません。当然、純粋な基礎研究もあってよいし、一生脇目も振らずにそういう研究に没頭する人もいてよいと思います。しかし、それは比較的少数であって、多くの先生方や学生達は、もっと実社会に直結した感覚を持って然るべきと思います。もっと目的意識と競争意識を持ち、時間に対してもセンシティブであるべきです。

今の大学は、あまりにも世間から隔離された「純粋培養」の世界をつくっているのではないでしょうか? T先生のような人は、大学の中では「特殊でマイナーな存在」なのかもしれませんが、大学でメジャーな地位を占めている先生方は、「広い世界全体から見ると、むしろ自分達の方が逆に『特殊でマイナーな存在』なのだ」という事を、是非知っておいて頂くべきだと思います。

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑