輸入インフレが始まった

2013年08月30日 10:32

けさ発表された7月の消費者物価指数を図にしてみた(クリックで拡大)。

p4


総合CPIは0.7%のプラスになったが、日銀が指標とするコアコアCPIは-0.1%。内訳をみると、電気代の値上げと円安による石油製品の値上げが大きい。耐久消費財も円安要因の他に、液晶テレビの価格戦争が一段落して上がってきた――というわけで、輸入インフレが始まったと考えるのが妥当だろう。これを「デフレ脱却」と喜んでいいのだろうか?

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
池田 信夫
アゴラ研究所所長 青山学院大学非常勤講師 学術博士(慶應義塾大学)

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑