「Surfaceキーボード」のFnキーロックの外し方

2014年09月22日 23:30

Windows XPの終了に伴い、Surface Pro3を入手。
ところが微妙なところで、戸惑った。

その中でも「カタカナ変換」。
これまでならファンクションのF7キーで、ひらがな入力をカタカナ変換することができたのだけれど、Surfaceキーボードではこれができない。
F5~F9キーが予め設定されてしまっていて、そのロックが外せない。

ネットでいろいろ調べても分からないので、これはきっと私がMacユーザーであるためだろうと、恐縮しながらサポートに電話で問い合わせた。

早速教えてくれたのだが、この解除法、サポーターの方々も当初知らなかったのだとか・・・。 (゜゜)
であれば、このことで躓いているSurfaceユーザーもいるのではないかと思い、ご案内しようと思った次第。

――――
解除の仕方:
Surfaceキーボードの右側下にある「Fn」キーを押下。次に「Caps」キーを押下。同時ではなく、それぞれ別個に押下することがポイント。

この作業を再度行うと、また当初の初期設定状態のFnキー機能(Fn7で「デバイス」)に戻ります。

これはSurfaceキーボード全スタイルに共通の仕様、だそうです。
――――

日本的管理の組織ならこういう情報はすぐにオープンになってくるのだけれど、なにせ欧米的マニュアル管理をされている組織では上からの声を外部に届けるのはプロ的に得意でも、外部からの声を組織の上部に届ける術をもたされていないのが一般的。 ・・・だから、周りで助け合わないとね・・・。

もとより「マニュアル」は、マニュアル作成者の視野外のことは想定外として処理されてしまうものなのです。
ですので、客の不便さは視野外になってしまうのが一般的で、仕方がないのです・・・。

もっとも、これも日本的経営を反映した文書作成の考え方で整えられたマニュアルなら、視野外のことも対応できる文書になるのにね・・・と思いつつ。

そうそう、ついでに本日のサポーターはもう一つ有益なことを教えてくれましたのでそれもご紹介。
Surface Pro 3のユーザガイドの詳細版です。
Microsoft Surface ユーザー ガイド | Surface オーナー マニュアル

ちなみに、簡易版はこちら
Surface Pro 3 の基本的な使い方

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑