支持率6.6%!民進党に救命ボートを出せるのは誰か

2017年04月18日 21:00

【産経・FNN合同世論調査】民進党支持率、発足以来最低の6.6% 安倍晋三内閣の支持率は微増59.3%、自民党支持率↑42.5% – 産経ニュース

さすがにこれほどの惨状だとは思わなかった。
これでは、鼠でなくても逃げ出したくなってしまうのは無理もない。
まるで、沈没寸前の船のようである。

これ以上支持率が下がったら、再浮上は難しいだろう。

何でここまで落ち込んでしまったのだろうか、と不思議でならない。
この程度の支持率では野党第一党だとか、我々こそ国民の代表だ、我々の意見こそ国民の声だ、などと胸を張ることは出来ない。

こういう政党が野党第一党である、というのは、どう見ても国民の不幸である。

なんとかすべきなのだが、何も手を打っていないように映る。

ああ、これじゃあ、選挙にならないな。
7月の都議選もそうだが、その後の衆議院の解散を受けた衆議院選挙もそうだ。

知事選狙いの人が続出するのも、まあ、自然の流れかも知れない。
民進党のことである。

リベラル政党が一定の存在感を発揮しない日本社会は息苦しい

放っておけ、などという声が上がりそうだが、放っておくと消えてなくなりそうなのが今の民進党のようだから、やはりどなたか手を差し延べた方がいいだろう。

自民党が手を差し延べることはないだろうから、ここは自民党でない人たちが頭を捻るところだ。
まあ、維新の人たちは民進党の後釜を狙っているところがあり、民進党の足を引っ張りこそすれ、手助けをするはずがない。

共産党も多分そうだ。
民進党が沈めば自分たちが浮上するはずだと思っているだろうから、民進党に手を貸すはずがない。
選挙協力の話が本格化すると、内心ではシメシメと思っているはずである。

気の毒だが、どちらを向いても今の民進党には先の展望がなさそうである。

これは、拙いことになるぞ、というのが私の率直な感想である。
若干鵺的にはなるが、基本的には保守だが、社会的弱者に優しいリベラルの国民政党がそれなりの存在感を発揮してくれないと、日本の社会はどうしても息苦しくなり、全体として閉塞感が漂うようになってしまう。

活力のない社会になっては困る。
硬直的な社会になっても困る。

若い方々の力を十分に引き出してくれるような、可能性に富んだ社会を是非築き上げてもらいたいものだ、と願っている。

今の民進党の中からそういう力が湧いてくることは、まず期待できそうにない。

何とかしなければならないはずなのに、どなたも何もしようとしていない。

大丈夫?
そう、声を掛けたいところだが、多分民進党の執行部の皆さんの耳には入らないようだ。
このまま、とことんまで行くのかしら、と思っているが、どうやら一つだけ道が残っているようである。

まあ、ご本人がどう仰るか分からないが、あの小池さんに助け舟を出してもらうことである。

共産党の小池さんではない。
別の小池さんである。

分かっている人は既に行動を起こしておられるようだが、それでいい。
役に立ちたい人は、やはり、役に立てるようなポジションに自分の身を置くことである。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2017年4月17、18日の「民進党」関連記事をまとめて転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑