メルケル氏の「同盟国に頼れぬ」発言、メモリアルデー直前の意味

2017年05月30日 10:00

米国は5月29日にメモリアルデーを迎え、休場です。

メモリアルデーとは戦没将兵追悼日であり、5月の第4週の月曜日と制定されています。その由来はこちらをご参照頂くとして、米国では戦没者への敬意を表しあちらこちらで星条旗がたなびく日です。

その直前の28日、メルケル独首相は「完全に互いを頼り合っていた時代は、ある程度終わった」と発言。しかも「ここ数日の経験(in the last few days)」からこうした考えにたどり着いたといいますから、7ヵ国首脳会合や北大西洋条約機構(NATO)首脳会議での生じた軋轢が影響したことは想像に難くありません。しかもメモリアルデーの直前での当てつけですから、ニューヨーク出身のトランプ米大統領に届いたかどうかは別として痛烈なジャブだったと言えます。

なぜなら、NY市にはメモリアルデーとドイツをつなぐ重要な記念碑が存在するのです。

ロウアーマンハッタン最南端部西側S Street Viaductに建つ米国商船隊員記念碑(American Merchant Marines Memorial)は、そのひとつです。第2次世界大戦中、ナチスのUボートがの米国商船を攻撃し米国商船隊員の多くが命を落とす悲劇が発生しました。ナチスは沈む船の被害者の写真を撮影し、その絶望的な姿が記念碑のモチーフとなっています。

かなり生々しい描写は、見る者の心を奪うこと必至。
4740426794_f60bf1c401_z
(出所:[mementosis]/Flickr)

1904年6月には、ドイツ系アメリカ人に不幸が訪れました。”PSスロカム”という名の船が1,300人の乗員、乗客と共にイーストリバーから出航したものの、まもなく火災に呑み込まれてしまったのです。ところが、乗客の大半を占めるドイツ系アメリカ人女性とその子供達は泳げませんでした。この事故で1,000人以上が死亡、2001年9月11日の同時多発テロ事件がNY市を直撃するまで過去最悪の死者数を記録していたものです。The General Slocum Memorialは彼女たちの死を悼み、フラッシングは67-29 Metropolitan Aveに建てられました。

520 マディソン・アベニューには、1989年11月に崩壊したベルリンの壁の一部が佇みます。NY屈指の商業不動産大手ティシュマン・スパイヤーのジェリー・スパイヤー氏が5万ドルで購入したもので、スパイヤー氏の父親がドイツ出身だったことが決め手になったかと。ジェリー氏の父は辛くも1939年に米国へ脱出したため、一族はNY市で繁栄を築くに至ったわけです。

ドイツと過去の戦争、悲劇を結びつける記念碑がNY市にこれだけあるということを、メルケル独首相は知っていたのかどうかは分かりません。ただ仮に承知していたのなら、メルケル発言の重みは変わってくるような気がするのは筆者だけでしょうか。その一方でトランプ米大統領による独への非難は、NATO首脳会議にてマクロン仏大統領が最初に挨拶した相手が自分ではなくメルケル独首相だったことへの仕返しとの説もあり、報復合戦の感は否めませんけどね。

政治の話はさておき、メモリアルデーと言えば、夏の始まりを告げる日でもありドライブ・シーズンの到来を意味します。NYにいらっしゃる方々は、各地にひっそりと建つ記念碑を訪れ見逃していた歴史を振り返ってはいかがでしょうか。サウスストリート・シーポート入口、Pearl & Fulton Stには”不沈船”の異名で有名なタイタニック号のメモリアル灯台が存在するなんてご存知でしたか?上記以外にも、ここをチェックすれば知る人ぞ知る記念碑を含めたくさん見つけられるのでぜひ足を振り向けてみて下さい。

(カバー写真:G7Italy


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2017年5月29日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑