本屋が減り、本を置いてもらえない時代の著者の生き残り術

2017年06月05日 15:02

18815084_10203197749220619_1544714893724004589_o
札幌に帰省していた。久々に肉親3名が集まった。高校時代の恩師や、中学校時代の友人とも会えていい感じだ。夜のススキノに「若年女性の貧困問題の現地調査」には、出かけなかったが。

せっかく札幌に戻るので、出版社の方に、最新作の札幌限定POPを作ってもらった。感謝。

これを持って、都心の書店周りをしたのだが・・・。

いくつかの書店が閉店していたり・・・。かなり大型の書店に行っても置いてなかったり。書店員さんにご挨拶するのが辛かった。なんというか、地元のコープさっぽろ藤野店に昔あったレコード売り場で、インディーズのメタルバンドの在庫を聞くかのような気分だった。

やれやれだぜ。

12

札幌駅の紀伊國屋書店で感動のご対面。ここでは面陳だったが。

まあ、こんな風に、書店もどんどんなくなっているし、一応、1ヶ月で3刷になった本でも、どんどん書店から消されていくわけで。こりゃ、池上彰さん、佐藤優さんクラスじゃないと生き残れないわけだ。

今年でデビューして10周年なのだけど、10年前も出版不況なる言葉が連呼されていたが、あの頃はまだ部数もはずんでいたわけで。書店もあったわけで。

もっとも、まだまだ本には可能性と、影響力があると信じているわけで。こういう時代だからこそ、面白いな、と。

本だけで食べることができないのはわかっているから、自分で広げる努力をしないといけないわけだね。究極は自分で売り場を作ることだと思う。もちろん、書店をつくるわけにはいかないから、自分のブログやSNSからネット書店のリンクに飛ばす、ちゃんと置いてくれている店を一つでも確保する、さらには手売りする、という。

うん、このあたりはインディーズバンドと一緒だ。ライブをして、手売りするという。もうとっくにそういう時代になっている。

まあ、ネットニュースの原稿料が以前より上がっているなあと感じたり、物書きだけで食べていく方法も広がっているとは言えるけれど、まだ私は本の可能性を信じているわけで。

別に売れたところで、よっぽど売れないと大儲けできない。そうじゃなくて、単純に2年間考え続けて、悩みつつ仕上げたこの本は、働き方改革に対して一石を投じるものだと信じているから、読んでもらいたいんだ。



手にとってね。

で。

この本を置いてくれる書店さん、なんでもしまっせ。POPも直筆のものをおくりまっせ。札幌というか北海道限定POPもあと90枚くらい余っているので、ぜひ、ご連絡を。郵送しまっせ。

あのYOSHIKIさんもインディーズで音源を出して、ブレークしたんだぞ。

私も頑張る。

・・・手売りのために、仕入れなくちゃ。

こういう風に、かっこ悪いことをさらけ出して生きていくぜ、これからもな。


編集部より:この記事は常見陽平氏のブログ「陽平ドットコム~試みの水平線~」2017年6月5日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
常見 陽平
千葉商科大学国際教養学部専任講師

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑