「米国は衰退」を全世界に広めようとしている中国 --- 古森 義久

2017年11月30日 06:00

「アジアでは米国の影響力が衰え、中国の力が増大している」という見解が、最近、米国でも日本でもよく語られる。しかし、そうした見解を鵜呑みにすることは危険である。

この主張は中国共産党政権が全精力を傾けて拡散しているプロパガンダなのだ、とする考察が、米国の有力な中国研究専門家から発表された。

その専門家によると、中国は実際には内外で力を弱めており、習近平政権はその窮状を隠すためにも「米国の衰退」を宣伝しているのだという。

対照的な両国の国際社会への関与

確かに、米国の「国際的影響力の低下」は、米国内でも最近よく指摘される。トランプ政権への批判と一体になっている場合も多い。

トランプ政権は、環太平洋パートナーシップ(TPP)や地球温暖化対策のパリ国際協定から離脱し、国連機関のユネスコ(教育科学文化機関)からも脱退した。それにとどまらず各種国際機関との協力や多国間交渉に積極的に関わらない姿勢が、内向き志向や国際的な縮小を思わせるからだろう。

続きはJBpressで

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑