なぜ、金(ゴールド)よりも「2つのコイン」にすべきなのか?

2018年01月15日 11:30

昨日は2つのセミナーの掛け持ちでした。午前中はオウチーノの不動産投資フェアのゲストとして登壇。午後からは、ユニバーサルコインズの新春フェアーで投資家の皆様に資産運用全般のお話をしました。

アンティークコインのフェアでのセミナーでしたが、来場者の1番の関心は、なぜか仮想通貨でした(笑)。

表は、当日のセミナーで使った3つの資産を比較したものですが、これを見ると金を保有するよりは、アンティークコインと仮想通貨という「2つのコイン」を保有した方がメリットがあることがわかります

アンティークコインは、きらびやかで保有することに喜びを感じるという点で金と似ていますが、発行枚数が限られていて希少性があるという点と、相続税の節税メリットがあるという点で有利です。また、持ち運びが簡単で、資産を自分で持ち出すことも可能です。

仮想通貨は、他の2つの資産と比べるとバーチャルな存在でリアリティーが無いというデメリットがあります。しかし、金と比較するとやはり希少性という点でメリットがあります。資金の移動手段としては、3つの中では一番優れていますが、問題は価格の変動率が大きく、資産の置き場所としての安定感に欠けることです。

このように整理をしていくと、金はアンティークコインや、仮想通貨と比べて投資対象としてのメリットが相対的に小さいというのが私の考えです。私は、金だけは今まで保有したことは1度もありません。

資産運用で活用すべき資産は、単に高いリターンが望めると言うだけではなく、税制や流動性など多面的な比較を行い、自分に合った資産を選択することが重要です。

これは今回比較した3つの資産に限った話ではなく、全ての対象を相対比較して、ベスト資産を見つけ、それらを組み合わせてアセットアロケーションを作っていくことで、投資の成果を最大限に高められるのです。組み入れる資産が変わっても、アセットアロケーションの重要性は変わることはありません。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 新刊「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年1月15日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑