【映画評】ロング,ロングバケーション

2018年01月28日 06:00
Das Leuchten der Erinnerung

元文学教師でアルツハイマーの夫ジョンと末期がんの妻エラは半世紀を一緒に過ごしたおしどり夫婦。ある日二人は、心配性の子どもたちに黙って、ボストンの自宅からキャンピングカーに乗って南へ向かって旅に出る。70歳を超えた今、人生最後の旅の目的地は、ジョンが大好きな作家ヘミングウェイの家があるフロリダのキーウェストだ。旅の途中では、記憶があいまいなジョンがエラを置き去りにしたり、ナイフを持った若者に脅されたり、ウィスキー片手にスライド写真を見て家族の楽しい思い出をふり返ったり…とさまざまな出来事が。ハプニングとトラブルの連続の末についにキーウェストに到着した二人だったが…。

長年連れ添った老夫婦の人生最後の旅を描くロードムービー「ロング,ロングバケーション」。原作はアメリカ人作家マイケル・ザドゥリアンの小説「旅の終わりに」だ。本作は、イタリアの名匠パオロ・ヴィルズィ監督が初めてアメリカを舞台に作った英語作品となる。笑いあり、涙ありの旅は単なる観光旅行ではない。共に歩んだ人生を振り返り、最後の瞬間から目を背けずにゴールを目指す旅路である。高齢化社会、介護などのシリアスな問題も描かれるが、ヘレン・ミレンとドナルド・サザーランドの二人の名優にかかると、ユーモアと美しさをにじませて、思わず二人の演技に見入ってしまう。特に、ジョンの記憶の衰えにいらだち、そんな自分のいらだちを後悔するなど、繊細な心理描写を見せるエラ役のヘレン・ミレンの演技はパーフェクトと言うしかない。

認知症のジョンはエラが今も初恋の相手と会っていると思い込み、エラは数十年前のジョンの浮気を知って怒り心頭!だったり。なんだかんだ言っても夫婦には確かな愛の歴史があり、強く結ばれているのだ。ついにたどり着いた約束の地での“選択”は、賛否両論だろうが、決して悲しくも愚かでもないと思えれば、その時観客はこの映画の幸福な“共犯者”になるだろう。イタリア映画界を代表する名カメラマン、ルカ・ビガッツィによる映像が、ロードムービー特有の心地よい光と風を運んでくれた。

【65点】
(原題「THE LEISURE SEEKER」)
(イタリア/パオロ・ヴィルズィ監督/ヘレン・ミレン、ドナルド・サザーランド、ジャネル・モロニー、他)
(終活度:★★★★★)

この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2018年1月27日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑