【映画評】ちはやふる 結び

2018年03月20日 11:30
映画『ちはやふる-結び-』オリジナル・サウンドトラック

瑞沢高校競技かるた部員の千早は、個人戦で史上最強のクイーン・詩暢に敗れ、さらに強くなることを誓った。あれから2年。千早は自分の実力不足を痛感していた。千早たちの師匠・原田が史上最強の名人と呼ばれる周防に敗北。新(あらた)が彼に挑戦状をたたきつける。そんな中、新入部員も入った瑞沢かるた部で、千早は高校最後の全国大会を目指していたが、突然、部長の太一が辞めてしまう…。

末次由紀のヒットコミックを実写化し、競技かるたに青春かける高校生たちを描いた「ちはやふる 上の句、下の句」の続編「ちはやふる 結び」。続編という位置付けながら、内容は後日談あるいは最終章といった趣だ。そんな本作は、恋愛要素は思いのほか薄味だが、その分、かるたという日本古来の競技に対して、精神的にも肉体的にも真摯に向き合うドラマが深まっている。無論、競技かるたをスポ根映画のように見せる熱い演出や、随所に上手く挿入されるコメディー要素は健在だ。さらに、かるた初心者の新入部員の目を通して語られるこの“結び”は、かるた競技の魅力を紹介する意味でもよく出来ているし、単体でも楽しめる内容になっている。

前2作は、クイーンの詩暢を演じる松岡茉優の存在感に圧倒された感があったが、この結びでは、やはり若手演技派女優のエース的存在は広瀬すずだと改めて納得した。「怒り」「三度目の殺人」とシリアスな難役をこなし、めきめき実力をつけた彼女だが、キラキラした青春を全力で謳歌する高校生役をこれほど魅力的に演じられるのは、広瀬すずしかいない。千早が見据える未来はきっと輝いている。ラスト、かるたへの熱い思いを後輩たちに引き継ぎ、自分の未来を選んだ千早の姿がまぶしかった。
【70点】
(原題「ちはやふる 結び」)
(日本/小泉徳宏監督/広瀬すず、野村周平、新田真剣佑、他)
(恋愛度:★★☆☆☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2018年3月19日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Twitterから)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑