92歳のマレーシア・マハティール氏は人生100年時代のロールモデル

2018年05月11日 11:30

マレーシアで初の政権交代が実現することになりました。前首相のマハティール氏(写真)が率いる野党連合が政権を取ることになりそうです。

マハティール氏は以前の首相在任中に日本に学べという「ルックイースト政策」を提唱したことで、日本でも知られています。マハティール氏の政策はともかく、注目すべきは、もし首相に再びなれば、92歳での再就任になることです。

これからのハードな国家運営活動に90代の高齢であることを不安視する見方もありますが、動画で見る限りとても衰えた老人には見えず、覇気のある働き盛りの政治家に見えます。

もし長期政権になれば、100歳を超えても首相を務めているかもしれません。

昨日ブログに書いたアメリカの投資家バフェット氏ももうすぐ90歳ですが、現役で活動をしています。

日本だけではなく、世界でも人生100年時代というのが現実的になってきたことを象徴する人たちだと思います。

ここで、大切なのは単に長生きするというだけではなく、高齢になっても自分のやりたいことを持ち続け、それに情熱を傾け続けられる強靭な精神力と体力を併せ持つことです。心や体が自分の言うことを効かない状態では、100%自分の思い通りの人生を実現できないかもしれず、充実した100年にできないからです。

マハティール氏がどんな日常生活を送っているかは知りませんが、バフェット氏は毎日チェリーコークを飲み続け、ファーストフードで食事をすることも多いようで、一般的な尺度からはとても健康的な食生活とは言えません。健康と気力を保つ秘訣は、食事や睡眠といった要素だけでなく、精神的な側面も関係するのだと思います。

いずれにしても、これからは想定した以上に「人生の後半戦」の期間が長くなり、そこで何をするかを真剣に考える必要が出てきます。

50代といっても、まだ人生の折り返し地点。年齢を理由や言い訳にして、何かを諦める必要はないのです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計20万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年5月11日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑