大洲の臥龍山荘

2018年08月13日 11:30

愛媛県外の友人が来て、半日時間があるとき、案内することが多いのが、
●しまなみ海道
●内子座
●双海
そして大洲の臥龍山荘だ。

豪商の河内寅次郎が、10年の構想と4年の工期を費やした臥龍山荘は、随所にこだわりが見られる。自然美と建築美の共鳴が素晴らしい。

38985029_533204333795077_1170168456885043200_n

違い棚で富士山にかかる雲を表現し、窓からの反射で月を表現する。

38948710_272773353519464_1315176538596966400_n

肱川の調べと夏でも爽やかな風が心地よい。

39005889_2469796023083970_5268851581339566080_n

圧巻は、茶室・不老庵。
天井の網代張りに、川面からの月光をひろう。

38985028_1954766441483170_6903077897209118720_n

柱には、生きている木を活用。
横に枝が伸びることで不安定や非対称の中での安定をつくる。

今度は将棋盤でももって一日ゆっくり過ごしたい。

もう少し知りたい!
内子座文楽
町家のインバウンドに特化した新しいDMOのカタチ

<井上貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年8月13日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑