ELLEGARDENの転売ヤー対応は、あっぱれだ SNS時代のLIVE

2018年08月16日 17:00

ELLEGARDENが10年ぶりに復活した。ライブはどれもチケット争奪戦だったという。そういえば、先日、BRAHMANとOUTRAGEのジョイントライブを渋谷のクラブクアトロで観たが、ボーカルの細美武士が飛び入り参加していたな。好きで好きでしょうがないというバンドではないのだけれど、言葉のつかい方など、いちいち気になっていた。矢野顕子がカバーした「右手」なんかが好き。

昨日、ELLEGARDENのライブに関するハプニングがAbema TVの看板番組「Abema Prime」で紹介されていた。ライブといえば、グッズ。グッズを求めて朝から長蛇の列(いや、今日、Bayfmのスタッフに聞いたところ、もっと早くから並んでいた人もいたとか)。 しかし、そこに転売ヤーが。その写真がTwitterで拡散。メンバーは15時ごろに、炎天下、長時間並んだファンを労いつつ、ちゃんと適切な価格で手に入るように、グッズの通販と増産を決めたことを報告。まあ、並んだファンは大変だったと思うが、神対応だと言えるだろう。これで転売の価値が大幅に落ちる。

この、グッズをめぐる騒動(?)もそうだけど、SNS時代のライブだなあと感じ。チケットがとれなくても、Twitterのハッシュタグで現場の様子がわかり。大御所や交流のあるアーティストの参戦報告などがいちいち面白く。

何気にジワッときたのが、ボーカルがスタジアムの人に沈黙を促したかと思うと、「外で聴いてる連中!」と声をかけたら、場外から地響きのような歓声があったとか。それで場内もますますアガるという。そう、場外には3,000人以上の人が集まったそうで。漏れる音を楽しんでいたとか。こういう様子がわかるのも、SNS時代のライブならでは。

明日はSONIC MANIAに参加する。SUMMER SONICの前夜祭的なオールナイトイベントだ。きっと、ハッシュタグで盛り上がるんだろうな。いや、その前に、自分で楽しむことをサボらずにいこう。中年なので、ゆっくり眠って備えよう。うん。


編集部より:この記事は常見陽平氏のブログ「陽平ドットコム~試みの水平線~」2018年8月16日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
常見 陽平
千葉商科大学国際教養学部専任講師

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑