ダメな議論

2018年11月28日 14:00
新版 ダメな議論 (ちくま文庫)
飯田 泰之
筑摩書房
2018-11-08

 

「なんて、ナイスな文庫化なんだろう」

これが率直な感想である。飯田泰之先生の『ダメな議論』(光文社)が、筑摩書房にて文庫化された。この本はもともと、12年前に光文社新書としてリリースされ、好評を博していた。

自戒を込めて言うのだが・・・。

いや、この本を読んで猛反省したのだが・・・。

世の中はダメな議論だらけである。

SNS上の論争(のようなもの)もそうだが、国会にしろ、テレビの討論番組にしろ、会社での会議にしろ、ダメな議論であふれている。議論する前提や目的がそもそもずれていたりもする。

議論の決着、YESかNOか、勝ちか負けかを過度に決めようとするのもナンセンスだと私は日々、考えている。問題は難しいが故に、長年解決されていないのだ。議論は積み重ねることにも意味がある。

本書では「ダメ」を見抜く5ポイントを提唱している。

1.定義の誤解・失敗はないか
2.無内容または反証不能な言説
3.難解な理論の不安定な結論
4.単純なデータ観察で否定されないか
5.比喩と例話で支えられた主張

…..5などは私、特に当てはまりそうだ。そして、独裁者が使いがちな話法でもある。

本書にはまるでドリルのように、よくありがちな「ダメな議論」の例文が掲載されている。5つのポイントを使いこなす練習までできてしまう。

文庫化にあたり、新たにSNS時代のダメな議論についての章が加えられている。SNSで論争のようなものが起こるたびに、読み返したい内容である。

2018-11-25 16.32.13

議論を有意義な、楽しいものにするために、手にとりたい1冊だ。・・・さり気なくダメ上司の目にふれるように、職場に置いておくといいかも!


編集部より:この記事は常見陽平氏のブログ「陽平ドットコム~試みの水平線~」2018年11月28日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
常見 陽平
千葉商科大学国際教養学部専任講師

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑