東京は夏も冬も暑いっ!

2018年12月27日 17:00

私は冬でも薄着と言われます。セミナー会場では真冬でもTシャツでお話しすることは珍しくありません。

一年間を通して、下には半袖のTシャツを着て、その上にジャケットやコートなどを重ねる服装が基本です。先日も真冬なのに、薄手のTシャツを何枚かまとめて購入してしまいました(写真)。

多分、一般の人と比べて極端な暑がりだと思うのですが、私のような体質でなくても、東京の冬は実はとても暑いのではないでしょうか?

今年の夏は記録的な暑さで、東南アジアよりも東京の方が暑いと言われるほどでした。暑さに弱い私は、例年以上の完全な夏バテになってしまいました。

秋になってやっと涼しくなってきたと喜んでいると、毎年秋口から冬になると、公共の建物の室内や、電車の中に暖房が入りはじめます。厚着している中で、この暖房に当たると、夏と同じ位暑くなってバテてしまうのです。

ラッシュ時のように、たくさんの人が乗り込んで車内が混雑してくると、空調を冷房に切り替えるとアナウンスしている時もあります。しかし、寒い外から室内に入ったり、電車の車内に入るとむっとする暑さで、この温度差から、体調崩すことも珍しくありません。

自分で服を脱いだりして温度調整することもできますが、混んでいる電車の中では脱いだ服が邪魔になってしまいます。しかも、また外に出ると、寒くなりますから、脱いだり着たりを何度も繰り返すことになり、そのうちに何だか面倒になってしまうのです。

東京は、夏も冬も暑いと言うのが、私の実感です。そしてどちらも暑さにやられてしまうのです。私のような体質の人は少数派かもしれません。しかし、冬は暖房入れればサービスというものでも無いと思います。適度な温度が何度なのかを考え、過剰な暖房を控える方がエネルギーの節約にもなるように思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年12月27日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑