選挙報道の学歴欄では大学院の修士・博士の区別をつけるべきだ

2019年04月05日 06:00

シルエットAC:編集部

私が出馬予定の市議選が近くなり、報道機関からの問い合わせも増えてきた。その時に感じることがある。

私が接した報道機関は全て、大学院の修士課程と博士課程の区別をつけない。それでは適切な情報を読者に伝られないのではないだろうか。

私の学歴を古い順に書くと、

  • 東京大学卒
  • 東京大学大学院修士課程修了
  • 東京大学大学院博士課程単位修得退学
  • 九州産業大学大学院博士後期課程修了

である。

ちなみに、「単位修得退学」というのは正式な学歴ではない。大学に依頼すれば「博士課程を所定の単位を修得した上で退学した」という証明書を発行して貰えるが、これを学歴として認めるのは大学の職に就く時位で、世間的には中退でしかない。

それぞれのタイミングが最終学歴であれば、選挙報道でどう書かれるかというと、

  • 東大卒
  • 東大院修了
  • 東大院中退
  • 九州産業大院修了

となるのが一般的のようだ。これだと、2番目と3番目が逆転することになる。果たして『候補者の人となりを伝える』報道として適切なのだろうか。

また、ある新聞社は「最終学歴」ではなく「出身学校」という表記になるそうだ。「最終学歴」は1つであるが、「出身学校」はいくつもある。

私の「出身学校」を書く際に、「九州産業大学」というのと「東京大学」というのでは、どちらが候補者の情報を伝えるという意味で、適切なのだろうか。少なくとも日常生活で私が「九産大卒です」と自己紹介すると、相手は怒ることが多い。

このことを該当紙の記者にも伝えておいた。報道として、私の「出身学校」を何と書くのが適切だと思いますか?と。返事は貰ってないし、私から要望するつもりもないが、多分「九州産業大院修了」と書かれると思う。

後半部は個人的な話なのでたいした問題でもないが、今後大学院博士課程修了の候補者も増えてくるだろうから、報道機関側は記載方法を改めるようにした方がいい。修士(博士前期)課程なら従来通りただの「院」表記で、博士(後期)課程であれば「院博士」と書けば済むことだ。そちらの方が適切な情報を読者に与えられると思うのだが、どうだろう。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
前田 陽次郎
博士(経済学) 長崎市在住、地域構造研究者

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑