コロナ禍で明らかになった日本人の10のリスク --- 和田 慎市

2020年09月01日 06:00

写真AC:編集部

日本は将来に向けて多くの難題を抱えています「長期的な人口の激減超高齢化社会「財政累積赤字拡大」「周辺国との外交・安全保障」「新型コロナ感染症」「地震・台風・集中豪雨などによる災害」「格差拡大働き方改革など。

ところが問題は山積みなのに、国会議員の多くは次の選挙での当選が最大の関心事であり、その場を取り繕う事しか考えていません。

数十年前の高度経済成長期は日本人真面目さ、忠誠心、協調性が経済成長・生活水準向上に繋がりましたが、長期人口減少が続く中、国全体の経済成長などほとんど望めず、日本人の利点・美徳とされた特質が、時代に合わ逆に足かせとなってしまう恐れがあります

以下私の考えるリスクとなりうる日本人の特質10です。

1.マスメディアや他者からの情報を信じ込みやすい

日本は世界(特に先進国)でマスメディアへの信頼度が比較的高いというデータがあります

(参照)諸外国で新聞はどこまで信頼されているのだろうか(2019年公開版)

日本人の人の良さの表れでもありますが玉石混交の情が渦巻く現代で知らないうちにマスメディア等に扇動誘導されてしまう恐れがあります。

コロナ禍いえば情報番組等で恐怖感を煽られゼロリスク症候群自粛警察になってしまうことでしょう。

写真AC:編集部

2.自分の意志を抑え、周り(世間)の目を気にした言動をとりがちである

電車内のマナー違反(アナウンス)や、子供を叱る時の「そんなことしたら周りの人に怒られるよ!」わかりやすいでしょうか。

コロナ禍では、社会全体に過剰な自粛(移動・外出・飲食・集会制限など)調圧力が働き、多くの組織それに合わせてしまいました。

3.思考力・創造力に乏しいが与えられた仕事真面目に取組み最後までやり遂げる

従業員の忠誠心・責任感を頼りに高度経済成長時代に成功した働き方を、いまだに引きずっている企業・組織まだ結構あるようです

コロナ感染拡大期でも会社の方針在宅勤務や休暇取得ができず、電車に乗って過密都心へ通勤した人かなりいました。

4.会議等での衝突・対立を避けるため、事前に直接根回しや調整を図る

 誠意を示せば相手わかってくれるはずという思い込みがある)

まさに日本におけるスタンダードな会議の進め方かもしれませんが、多様化した現代では皆が 得することは難しく、変化の激しいグローバル社会のスピードにはついていけません

コロナ禍では、生の会議や押印決済(書類重視の弊害が、テレワーク・在宅勤務・オンライン授業などの低い普及現れ日本のIT化の遅れを露呈しました

5.国民はお役所頼み」で権威に弱く施策や法規(ルール)素直に従う

役人も職務に忠実であり、既定のルール一字一句まで守るい遵法意識があります。

仮に政府(上層部)の立法・執行に問題があったとしても、日本のシステム上直ちに運用停止→改定はできず役人忠実に執行しますからお上を信じやすい国民にしわ寄せがくことになります。

コロナ禍では、「入国制限」「緊急事態宣言」「感染症指定」などの施策が遅れましたが、一旦施行されたら今度は状況変化に合わせた柔軟対応(改定できません。

6.面と向かって相手を批判しないが、当人のいない所やネット上で悪口・不満を言う傾向がある

つまり陰で文句は言う割に自ら行動を起こす人は少ないという事です。

コロナ感染症対策への批判はネット上でかなり見られますが、政府や御用学者達は人しく行動を起こさない国民性を見抜いているのか、あまり気にかけていないようです。

7.慎重、悲観で不安感が強く、パニックに陥りやすい

定期健康検診をこまめに受け、老後の生活のために貯蓄することの多い日本人生存への執着が強く長寿の要因の一つとなっています。

ところが予期せぬ事態が発生すると集団ヒステリーに陥りやすく、過去米やトイレットペーパー同様の買いだめがロナ禍でも起こり、マスクが長い間店頭から消えました。また新型コロナ感染に日々おびえ疑心暗鬼になる人も増えています

8.生産性合理性・専門性(スキル)・改革より、やる気・協調性学歴(学閥)・重視する傾向があ

高度経済成長期休まず長時間働与えられた職務を全うすれば昇給出世つながったはずですが、今や終身雇用崩れ非正規雇用増加、賃金長期にわたって上がりません。

ところが未だに慣例・慣習に縛られ、従順な社員を非効率に働かせる組織も多くあり日本の低い労働生産性なかなか改善されません。

コロナ対策では、旧態依然とした政府自治体非効率な助成金や給付金手続き方法により、市民の手元に中々お金(マスクも)届きませんでした。

9.親切世話好きで利他的に行動できる多いが、相手が応えてくれないと攻撃的、排他的になりやすい

中野信子氏著書「空気を読む脳」には、「利他的に生きる人ほど、裏切られた時反動で攻撃的になりやすい」とありますが、人は良かれと思う言動を無意識に絶対正義化しがちであり、応えない相手に「なぜわかってくれな!」と怒りぶつけがちです。

コロナ禍マスク警察、自粛警察がまさにそれでしょう。

10.地理的特殊性や経済発展影響し、国民安全保障・危機管理の意識が低い

日本はユーラシア大陸の東端に位置し、建国以来一度も武力で占領されことなく、言語・宗教を始め日本文化が抹殺された歴史はありません。

また戦後75年、日本戦争・紛争のない平和な時代が続いたため、日本は平和を維持する努力疎かにったようです。

コロナ禍では、外国からの入国制限遅れ他国の戒厳令(国の強権発動)に相当する法律がないため強制力ない「自粛要請という奇妙な施策が行われました。

このようにコロナ禍での政府・自治体の施策国民の行動は、パニック・不測の事態に弱い日本人(社会)特徴明らかにしましたが、私たちは将来のリスクを回避するためどのような思考・行動様式を身に着ければよいのでしょうか? 

簡単に言えることではありませんが、次のようにイメージしています。

国民一人一人が情報リテラシーを身に着け物事を客観的合理的に捉主体的に断・行動することで自己解決力を高める。また広い視野で国際情勢を注視危機管理力を高め、真の国民主権実践する

これら身に着くことで日本人が元来持っている良き精神・美徳もうまくかされるのではないかと思うのです

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

過去の記事

ページの先頭に戻る↑