政党×オンラインサロンには、まだまだ無限の可能性が!コミュニティの質を高めよう

2020年09月18日 11:30

こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

17日は党政調役員会→陛下が出席されての開会式→地方分権の勉強会→会合等など盛り沢山な一日だったのですが、夜は日本維新の会オフィシャルオンラインサロン「未来共創ラボ」のオンライン意見交換会でした。

・政務調査会メンバー
・公務員制度改革プロジェクト事務局
・憲法改正プロジェクト事務局
・政権公約マニフェスト事務局
・オンラインサロン担当←New!

ということで、色々と党内で役割をいただいており、ありがたい限りです。お役目が回ってくる間に、きっちりと結果を出して還元せねば…!

さて、日本維新の会は国政政党としては初めて「オンラインサロン」を開設した政党であり、後に続く政党は今のところ出てきていないものと思われます。

なお、国政政党というくくりを外しますと、政界で最初にオンラインサロン運営に乗り出したのは地域政党「あたらしい党」です^^

前例のないことをやっているわけですから、試行錯誤の連続。

一般的なオンラインサロンのようにオーナーが収益を得るためにやっているわけではないので、当事者(議員)の参加意欲もまばらで、なかなか上手く回ってこなかった面もあったと思います。

そこで8月に梅村みずほ議員と担当者を拝命してから、オンラインツールを駆使して直接コミュニケーションを増やす機会を増やしています。

本日は藤田文武議員にも参加していただき、「税と社会保障と労働市場の三位一体改革」について密度の濃いディスカッションをさせていただきました。

少人数×高頻度が繰り返しやすいオンラインミーティングツールは、クローズドなオンラインサロンと非常に相性が良いですね…!

有料サロンといえど文字だけのコミュニケーションを繰り返していると、Twitterや匿名掲示板同様に「荒れる」ことがままあります。

そこでこうした対面(?)コミュニケーションを定期的に設けると、質が高いコミュニティへと進化していけるような気がします。

いまのところ、参加者の方々にもおおむね満足していただけているようで何よりです。

今回、政権公約マニフェスト作成にあたっても、サロンメンバーからの政策提案を大いに参考にさせていただきました。

限定動画なども定期的に配信しておりますので、気になる方はぜひ「未来共創ラボ」を覗いて見て下さい!

日本維新の会「未来共創ラボ」

それでは、また明日。


編集部より:この記事は、参議院議員、音喜多駿氏(東京選挙区、日本維新の会)のブログ2020年9月17日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は音喜多駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
音喜多 駿
参議院議員(東京選挙区、日本維新の会)、地域政党あたらしい党代表

過去の記事

ページの先頭に戻る↑