閉塞時代に生きる知恵 - 『ポストモダンの正義論』

2010年09月19日 00:08

★★☆☆☆

ポストモダンの正義論 「右翼/左翼」の衰退とこれから(双書Zero)ポストモダンの正義論 「右翼/左翼」の衰退とこれから(双書Zero)
著者:仲正 昌樹
筑摩書房(2010-09-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


菅改造内閣が発足したが、世間の反応は冷ややかだ。労組や旧社会党出身者で固め、「強い社会保障で強い経済」などという奇妙な理念を掲げる内閣が、首相のいう「閉塞状況を打破」できる可能性はないからだ。その左翼的センスの古さは救いがたい。

菅氏の学生時代には、インテリといえば左翼と決まっていた。その根底にあるのは、歴史はつねに進歩し、人々は豊かになるという歴史観だった。その流れに棹さす進歩派にはルソーやロックからヘーゲルやマルクスに至る大知識人がいたが、保守派はバークやハイエクぐらいで、理論と呼べるものもない。貧しい日本で、勉強の好きな若者が進歩派の華麗な理論に魅了されるのは当然だった。

他方、高度成長期の日本では、所得が急速に伸びることによって一種の進歩史観が広まった。左右の進歩主義に共通するのは、生産を拡大して豊かになることが進歩だという「生産中心主義」だった。

しかし1990年前後に、社会主義の崩壊で<左>の進歩主義が崩壊すると同時に、バブル崩壊で<右>の生産中心主義も挫折し、人々を支えてきた目標が失われた。日本人は、いまだにその気持ちの整理ができないまま、新たな目標を探し続けている。本書は、こうした進歩史観の歴史をフランス革命を起点にしておさらいした解説書で、あまりオリジナルな話はない。

問題は、こうした閉塞状況にどう対応すればいいのかということだ。著者は、閉塞感という言葉の裏には、社会は進歩していなくてはならないという進歩史観が残っているのではないかと指摘し、閉塞感と共存する「ミニマルな正義」を提唱する。成長時代が終わった今は、著者もいうように「安定」や「共感」を重視したほうがいいのかもしれない。望んでも、生産力の回復はもうできないかもしれない。

しかし貧しくなる中で生活を安定させることは、かえって困難になるだろう。あまり増えない富を大事に使うには、それを老人に再分配する「強い社会保障」ではなく、生産性を阻害しないように再分配する知恵が必要なのではないか。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
池田 信夫
アゴラ研究所所長 SBI大学院大学客員教授 学術博士(慶應義塾大学)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑