アゴラ起業塾「農業で起業しよう!」農業体験ツアー

2012年09月07日 09:50

今月のアゴラ起業塾は、「農業で起業しよう!」というテーマで、農業ジャーナリストの浅川芳裕氏、アゴラ研究所の池田信夫と一緒に体験する「農業セミナー」です。

太陽の下、大自然と語らいながら土にまみれ、作物を収穫する喜びは人類の根源的な生産のいとなみ、とも言えます。都会の喧噪を離れ、農業にいそしみつつ、それが仕事となりビジネスにつなげることができれば、と考え、リタイア後に農業をやってみたい、農業で起業したい、という方が増えています。

では、本当に農業で生活できるのか、ビジネスとして成立できるのか、疑問を抱いている方も多いでしょう。しかし、実際に個別農家を束ね、上流から川下まで包括的なシステムにして成功している事例があります。それが「和郷園」。次世代の日本の農業をになう試みが、実証的に行われ、それを具体的な方法として実現させている農業集団です。

日本の農業の未来は明るい、日本の農業のポテンシャルは世界一、と語る浅川氏と一緒に自律型農業の最前線での農業体験ツアーに参加してみませんか? 日時は、2012年9月22日(土)、場所は千葉県の「農業組合法人 和郷園」になります。


農業セミナー スケジュール予定表

9月22日(土)
12:00 現地集合 風土村にて昼食
13:15 移動
13:30 和郷園理事より会社概要説明(PPTにて約50分間)
14:30 カット工場見学(10分)
14:40 移動
14:50 トマトハウス視察
15:10 移動
15:20 リサイクル・バイオマスプラント視察
16:00 移動
16:20 THE FARM視察
17:00 現地解散

集合について:2012年22日12時(正午)に和郷園へ現地集合してください。浜松町駅前、東京駅前より最寄りバス停(山田)まで高速バス(片道1,900円)が出ています(バス時刻表)。
「高速バスでの行き方」浜松町駅前(貿易センター1階)、東京駅八重洲口前(東京駅発~銚子・犬吠埼、山田バス停下車)→和郷園、東京駅~山田バス停(=風土村前)まで約90分。
車でおいでの方

  1. 東関東自動車道大栄インターを降りる。
  2. 佐原方面(右)へ行き、51号線へ。
  3. 東総有料道路を右折し、突き当たりを右折。
  4. 「匝瑳方面」の標識を右折。
  5. 山田ゴルフクラブの看板を右折。
  6. 左に和郷園が見えてきます。

Googleマップ
集合に遅れる方からの連絡先は、お振り込み後にお伝えします。

農業体験は収穫ではありませんので、基本的に汚れる可能性は少ないですが、服装は動きやすいもので多少汚れても大丈夫なものでお願いします。また、更衣室もありますので着替えは可能です。
また、近隣には「かりんの湯」という入浴施設があります。セミナー後、汗や泥で汚れた身体を洗い流すことができます(入浴料などは別途)。


講師紹介
浅川 芳裕
1974年山口県生まれ。月刊『農業経営者』副編集長。15万部のベストセラー『日本は世界5位の農業大国』著者。1995年、カイロ大学中退。Sony Gulf(ドバイ)、Sony Maroc(カサブランカ)勤務を経て、農業技術通信社に入社。ジャガイモ専門誌『ポテカル』編集長、農業総合専門サイト『農業ビジネス』編集長を兼務。近著『TPPで日本は世界一の農業大国になる』

同行:池田信夫(アゴラ研究所所長)、石田雅彦(アゴラ編集部)


■開催詳細■
開催日:2012年9月22日(土曜日)
時間:12:00(現地集合)~17:00(現地解散)
場所:農業組合法人 和郷園(和郷園本部センター/千葉県香取市新里1020 Tel 0478-78-5501 Fax 0478-78-5502)
定員:30名(先着順、最小催行人数5名)9月14日に第一次の募集締め切りをします。
主催:アゴラ研究所

■受講料■
一般:30,000円 学生:25,000円(学生の方は当日学生証をお見せください)
受講料には、和郷園でのガイド料と見学料、昼食代、移動マイクロバス代、農作業用の長ぐつ・軍手レンタル代を含みます。

■キャンセルポリシー■
受講料のお振り込みは、2012年9月14日までにお願いします。お振りこみ頂いた後、ご参加いただけないお客様で、セミナー開催日の7日前(2012年9月14日)までにご連絡いただいた場合、金額の100%を、3日前(2012年9月19日)までにご連絡いただいた場合、金額の50%をご返金させていただきます。

■お申し込み方法■
こちらの専用フォームよりエントリー後、フォームに記載の弊社口座へのご入金をもって手続き完了です(受付は入金順に承ります)。

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑