ベージュブック、代わり映えしない成長ペースを確認 --- 安田 佐和子

2014年09月04日 08:11

00001

ベージュブックは、前回に続き 「穏やか、あるいは緩やか」な成長拡大ペースを確認しました。 12地区連銀中、拡大ペースが 「緩やか (moderate)」と報告したのはニューヨーク、クリーブランド、シカゴ、ミネアポリス、ダラス、サンフランシスコの6行。フィラデルフィア、アトランタ、セントルイス、カンザスシティ連銀の4行は「穏やか (modest)」とまとめています。ボストン連銀は 「改善 (improved)」、リッチモンド連銀は「一段と強まった(further strengthening)」 と評価していました。

前回は、ボストン連銀、ニューヨーク連銀、リッチモンド連銀、シカゴ連銀、ミネアポリス連銀、ダラス連銀、サンフランシスコ連銀の7地区連銀が「緩やか(moderate)」と報告しました。その他の5地区連銀は、「穏やか(modest)」。前回と比較して、クリーブランド連銀とセントルイス連銀は成長「回復(picked up)」を認めつつ、カンザスシティ連銀は「わずかな鈍化(slowed slightly)」を伝えていたんですよね。

今回、サマリー部分で使用された文言の登場回数は以下の通り。

「増加した(increase)」 は23回

「緩 やか(moderate)」 は9回

「強 い(strong)」は8回

「穏 やか(modest)」は7回

「安 定的(stable)」は 5 回

「弱い(weak)」は3回

「底 堅い(solid)」は 1回

ワードクラウドでは、このような結果に。
wordcloud
(出所 : Marketwatch)

特に「増加した」は観光業、楽観度、自動車売上・生産、製造業、賃貸需要、ローン需要、商業不動産活動など多岐にわたっ ていました。反対に「弱い」は、アトランタ連銀の消費活動と製造業活動、農業・鋼業機械の需要などと限定的です。BNPパリバのデレク・リンゼー米エコ ノミストは、内容を受け「各連銀の報告を含めた全体のうち『弱い (weak)とする文言の登場回数は22回と、前回を上回っ た」と指摘。ただ過去平均は大幅に下回っており、景気拡大ペースは堅調との見方を示していました。

(カバー写真 : GE)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2014年9月3日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださった安田氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑