スコットランドは独立するか

2014年09月08日 19:00

イングランドからのスコットランドの独立問題が話題です。表題の記事では、独立派がやや優勢、という調査の結果、ポンドが下落した、というもの。優勢と言っても1%ほどで、ほとんど拮抗状態です。

1カ月前までは独立反対派が優勢だったんだが、ここにきて逆転。しかし、賛成派が優勢という報道が頻出すれば、中立派や反対でも投票へ行かない人の行動が変化し、おそらくスペインのバスクのような結果になるんじゃないか、と言われています。

何かタガが外れたのか、いわゆる「イスラム国」やウクライナのように世界的で「自主独立」運動が過熱しています。他国に手を出して引っかき回し、混乱させてマッチポンプの如く鎮圧するという米国の戦略は「世界の警察」を自認していた間こそ通用したものの、その力はすでにない。英国の内部も余波を喰らって大混乱です。

BBC NEWS
Pound falls on fears of Scottish independence


“マイクロプラスチック”が海をただよう その1
化学者のつぶやき
これまで人類が作り続け使い続け、そして捨てられたプラスチック類の中には、再利用もされず、環境中で長く存在し続けているものが膨大にあります。よくウミガメがビニールを飲み込んでいたり、海鳥が釣り糸でがんじがらめになったり、といったことが話題になるんだが、このブログでは、その影響について書いている。これら極小のプラスチック類は、なんと微生物や寄生虫の中にまで存在するらしい。いったいどうすりゃいいのか、というと解決法はなかなかないほうです。

匿名で嘘やデマを書かれる悔しさは異常
まつたけのブログ
ネット上の情報は虚々実々で、すべて疑ってかからなきゃなりません。特に匿名のものは眉唾つけてないと失敗します。朝日新聞の「慰安婦訂正記事」のように、巨大マスメディアも30年以上、ウソをつき続ける始末です。逆に、朝日新聞はネット上の情報に追い詰められてシラを切りきれなくなった、とも言える。いずれにせよ、自分の頭で判断できるリテラシーが重要なんだが、そのへんを学校では教えてくれません。自分で磨くしかないですね。

多分、世界最大級の恐竜の化石、発見されました
GIZMODO 日本版
発見されるたびに巨大化が進む恐竜の世界なんだが、今回のは南米アルゼンチン産です。その名も「ドレッドノータス(Dreadnoughtus)」。ドレッドノート級、というのは戦艦の大きさを表すクラスで「ド(弩)級戦艦」などと言ったりします。これを超えるのが「超弩級(Super Dreadnoughts)」というサイズ。化石で発見された生物はこれからも増えるわけで、次なる巨大恐竜が「超弩級恐竜」と名付けられるのは必定です。

via Drexel University

Just five gangs in Nigeria are behind most Craigslist buyer scams
IT WORLD
世界規模で展開する人材や不動産、中古品などの口コミ募集サイト「craigslist」で詐欺が横行しているようです。日本でも被害者が出ているらしい。これ、すべて英語なので敷居がやや高いんだが、外国人がけっこう利用しているサイトです。売買春の広告やゲイ、レズビアンの相手募集なんかもある。ルームシェアリングなんかで詐欺にあるケースが多い。これはナイジェリアの詐欺団が米国で共犯者を募集していた、という記事です。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑