米国中間選挙の争点はエボラ出血熱

2014年10月29日 00:55

米国の11月4日は、上院下院などの中間選挙の投票日です。オバマ大統領は、外交などの失点が響き、支持率が低迷しています。それに引きずられる形で民主党が敗北するのは必至、ということで、民主党が多数派を占める上院でも下院と同様、共和党が勝つだろうと予想されている。つまり、上院下院がどちらも大統領にとって野党支配になるわけで、2017年1月20日まで残っている任期で政治的な舵取りができるかどうか、かなり難しい状況になります。


ただ、中間選挙では民主党の候補者もオバマ大統領を批判したりしているわけで、共和党が簡単に選挙で勝てるかどうか、と言えば、これもまた様々な意見があります。表題のブログでは、共和党が安定して勝てるだろう下院はともかく、上院は激戦になりそう、と書いている。選挙戦も記録的で莫大な資金が乱れ飛んでいて、現職が必ずしも強いわけでもなさそうです。米国有権者のバランス感覚からすれば、オバマ大統領への批判は強いものの、議会で共和党が一方的に優勢になることに危惧を感じていても不思議ではありません。

今回の中間選挙、争点は中東政策や対ロシア政策がメインと考えられていたんだが、ここにきてエボラ出血熱への対応が急に浮上してきました。共和党はいわゆる「小さな政府」を標榜するため、公衆衛生への予算を削減する主張を続けてきた。それが、エボラ出血熱対策については民主党に付け入る隙を与えることになっている。エボラ出血熱は日本でもリアルな危機になりつつあり、米国で中間選挙投票日までの一週間に何が起きるか、それによって結果にも影響しそうです。

アメリカ ウオッチ Yuko’s Blog
2014年中間選挙の記録的な激戦の間接的要因


Happy 60th birthday Godzilla! How much do you know about the monster?
the guardian
映画『ゴジラ』の第一作は、60年前のこの週に日本で公開されました。これは、ゴジラについてのクイズです。どれくらい当てることができるでしょう。さすがにゴジラはマシュマロマンとは戦ってませんね。わりと簡単な設問ばかりです。
0003
クレジット:東宝(Toho Company Ltd.)

カカオで高齢者の認知機能を促進
natureアジア
チョコレートなどの原料となるカカオ豆に含まれているフラバノールという成分が、高齢者の認知機能を高める作用があるかもしれない、という報告を紹介している記事です。カカオにはチラミンという血圧や心拍数を上昇させる効果のある物質も含まれているんだが、覚醒作用のあるカフェインも入っています。カテキンを含むフラバノールは、以前から「頭を良くする」という俗説があり、それが証明されたのかもしれません。ノーベル賞受賞者を出した国のチョコレートの消費量と受賞者数の間に正の相関関係がある、という学説もあり、これはけっこう信憑性のある話でしょう。

J-31 Stealth Fighter to Appear At Zhuhai Air Show
DEFENCETALK
中国が開発中の第五世代の双発ステルス戦闘機「J-31」が、11月11日から中国の珠海で開かれる「Airshow China」に現れる、という記事です。デモ飛行をするらしいんだが、前タイプの「J-20」を単に改良しただけ、という見立てのある戦闘機で、いったいどれだけ完成度が高いのか、日本を含めた世界中の軍事関係者が注目しているようです。中国製の戦闘機はエンジンがネック、と言われ、デモ飛行ではそのあたりもわかるでしょう。
00002
「J-31」はこの「J-20」の改良版、と言われている。Photo by Alexandr Chechin

Islamic State releases pictures from fighting in Jurf al Sahkar
THREAT MATRIX
いわゆる「イスラム国」がイラクのバグダッド南郊にある「Jurf al Sahkar」という戦闘の写真をリリースした、という記事です。バグダッドへイスラム国が迫っているわけで、米国らもバグダッド周辺の同勢力に対して空爆しています。ただ、この記事に掲載されているイスラム国提供の写真がいつ撮影されたものなのかは不明。米軍などの情報を混乱させるためかもしれない、と書いています。
00001
イスラム国がリリースした「Jurf al Sahkar」とされる場所で戦闘中の写真。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑