お金の話は、投資情報を提供するだけでは解決しない --- 内藤 忍

2015年03月10日 11:05

image

「Shinoby`s Bar 銀座」で開いてもらった51歳のお誕生日会は、50名の仲間にお集まりいただき、深夜まで続く賑やかな会となりました。企画から当日の運営まで、丸の内朝大学の受講生だった「むら&もも」のお2人に一日店長になってもらい、すっかりお任せで、お世話になりました。何と、帰り際に、来年の3月9日のご予約も頂きました^^。


セミナーや講演会でいつも会っている顔なじみの人から、メールマガジンを見て当日はじめていらした方まで、様々な人が集まってきました。7か月の赤ちゃん同伴のお母さんもいたりして、老若男女が楽しく語り合う場ができて本当に良かったと思いました。

そもそもこのバーを作ろうと思ったのは、個人投資家が資産運用に関する情報を気軽に交換できるような「コミュニティ」の重要性を感じたのがきっかけでした。スタディツアーに行くと、年齢や性別、職業や社会的地位に関係なく、参加者同士が集まって楽しく投資に関する話をしている。そんな姿を毎回見ているうちに、日本にいる投資家にも同じような環境を提供できれば、きっと役に立つに違いないと思ったのでした。

2月2日にオープンして以来、メールマガジンを見た人やセミナーの受講者の方がお店に来てくれますが、想定していたことと1つだけ違っていたことがありました。

それは、「お金の話は、投資情報を提供するだけでは解決しない」ということでした。

資産運用というと、お金を有利に殖やす方法といったリターンの最大化を私は想像してしまうのですが、ほとんどの人はお金を殖やすことではなく、どうしたら人生を豊かにできるかを知りたいと思ってやってきていることに気が付きました。

金融商品や不動産物件の話ももちろん大切な情報ですが、その前に自分の人生で何をしたいのか、何を目標に生きていくのかという根本的な疑問を抱えている人が、それを解決するヒントを探しているのです。

「お金は目的ではなく手段」という私が書籍で繰り返し説いていることが、来店される方の中にも共有されつつあることが、意外であり、うれしくもありました。

人生をどう生きるかというのは、簡単に答えが出るものではありませんが、Shinoby`s Bar銀座に来た方が、その答えを考えるためのヒントを得ることができるように、お店の運営方法や提供するサービスをバリューアップさせていこうと思いました。

お店の存在価値は、1人でも多くの方に、人生を豊かにするためのお手伝いをすること。そう思って、続けていきます。

※毎週金曜日に配信している「資産デザイン研究所メール」。資産を守り増やすためのヒントから、具体的な投資のアイディア、そしてグルメな情報まで、無料でお届けします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2015年3月7日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑