“民主くん”が家入さんのマネをやらかした件

2015年07月08日 07:00

どうも新田です。民主党が政権復帰する確率は、なでしこジャパンが4点ビハインドから逆転勝利するよりもあり得ないと感じるこの頃です。ところで、「ふなっしー」や「ひこにゃん」等のゆるキャラたちが地方創生の尖兵になっているわけですが、政界では民主党が「民主くん」を斥候に活用しようとあれこれと細工を活発化させているようです。


民主くん
■”自作自演”のまとめサイトまで
民主くん自体は以前からあって、ツイッターのほうも2009年8月という割と早い時期にアカウントを開設していたようです。ただ、この直後に政権を取った割にこの間、大した話題にならないまま肝心の党本体は下野してしまい、民主くんもここ数年はからきしも話題になってなかったんですが、6月頃からネット民の間では、こんな感じで“異変”を指摘する噂が流れておりました。要は「キャラ変」つまり「中の人が変わった」系の指摘が相次いており、アルル先輩も突っ込んでいるわけですが(笑)

ここ数ヶ月、たしかに追いかけてみると突然「公認外れました」って、「お前はふなっしー路線のマネかよ?」と突っ込ませてみようとしたり。。。

そうかと思いきや、突然、共産党のゆるキャラに横恋慕してみたり

おとといは突然まとめサイトが出現したかと思いきや…。
民主くんまとめ
アカウントをみると、なんですか?これは。
民主くんアカウント
じ、自作自演(汗)。しかもワタシメが突っ込んだら開き直りかよ、おい( ̄◇ ̄;)

そして極め付けは、ゆるキャラグランプリへの出馬を宣言。しかも家入さんが都知事選出馬を決める際にネット民を煽った「1000RTしたら出馬する」ツイートまでパクっており、ここまで来るとそれなりの芸達者振りです。

フォロワー数がまだ1万行ってない中で家入さんのマネをする無謀ぶり、果たして1000に到達するのかビミョーなところですが、どうなるのやら。ま、18歳への選挙年齢引き下げを受けて、これからも手を尽くしてくるんでしょうかね。やれやれ。

■民主党の広報が突如“イケハヤ化”
それにしても最近、民主党が突然炎上マーケティングに舵を切った感じがあるんですが、どこに行こうとしてるんでしょうかね。すでに保守クラスタで総スカンを食らった徴兵制のビラも話題になったのはご記憶の通りですが、枝野さんはどこ吹く風のようで。。。

さらに新人候補者募集の特設サイトでは、「大補強2015」と華々しく銘打ち、「休みはなくなる。からだはきつい。当選の保証なし。しかも民主党だ」と、シュールな笑いのネタをまぶしたあたりは、四角四面な過去の広報戦略よりは面白いんですが、肝心の求めている人材像が「反骨のエキスパート」ですから、もう「お、おう」の三文字しか脳裏に浮かびません。

反骨のサイト
「反権力」とか「反官僚」とか、それこそイラ菅、エダノン、ピケティ長妻、蓮舫姐さん、ピースボーター辻元、憲法クイズのコニタンみたいな野党キャラの巣窟になって、安全保障やる気ナシ男・ナシ子さんばかりで満員御礼、左へ旋回し続けて気がついたらまた制御不能になっていたなんてことに。。。民主党の”イケハヤ化”の行く末は、高知なのか旧社会党的末路なのか、もう分かりません。これじゃ政権担当能力のアピールできるのかなぁ。

とりあえず、今後の民主ネタのアカウントヲチの個人的な楽しみ方としては、山本一郎さんが「ゆきおbot」にストレス発散の「死ね」ツイートをしているように、ワタシメも民主くんをいじって、しばらく遊んでやろうと思います。ではでは。

新田 哲史
ソーシャルアナリスト/企業広報アドバイザー
個人ブログ
ツイッター

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
新田 哲史
アゴラ編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長/NPO法人ICPF 情報通信政策フォーラム理事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑