グッドデザイン大賞の開発者が語るものづくりと地方

2015年11月06日 07:00

11月4日、グッドデザイン賞2015の大賞が発表されました。
大賞は、WHILL社のパーソナルモビリティ「WHILL Model A

え、WHILLを知らない? 百聞は一見に如かず。 是非、この動画を見て、驚いてほしい。


 
このマシーンに乗っているのが、開発者であり共同創業者(現・最高開発責任者)でもある内藤淳平さん。 この動画は、今年2015年1月に豊橋で講演をされたときのもの。
150125_140830
そのときの講演テーマが、こちら。
150125_140932
豊橋出身技術者のガレージベンチャーの作り方
そう、実は彼も豊橋の出身

僕のものづくりの原体験は、幼いころ地元の野山に入って、自然の中で、落ちてる木や枝を拾って、秘密基地をつくったりして過ごしたことにある。

という趣旨のことを。 意外な彼のものづくりの原点に驚いたりしました。
そして、一番の肝はこちら
150125_150125
すべては人格に宿る
それを育むのが地域。 豊橋の人はものづくりに向いているという嬉しい言葉まで。

そして、講演のまとめ
150125_150558

豊橋っぽいひとに贈る、目標の立て方

・ 弱気な豊橋の人へ
 ・消して変更のできない日付を目標にしましょう

・やさしい豊橋のひとへ
 ・他人のスケジュールで目標を立てよう

・ねばりづよい三河武士へ
 ・あきらめないことだけが成功の秘訣です

・のびのびと育った豊橋のひとへ
 ・直感を信じましょう

・あれこれ不満ない生活が不満のひとへ
 ・そぎ落としたシンプルな目標に沿って、思い切って変化を
 ・豊橋は失敗を受け止めてくれる 

WHILL社はシリコンバレーにもアメリカ本社を構えるような会社で、そんな彼がこれほどまでに地元愛に満ち溢れていることに僕は驚きで、だから逆に、これだけしっかりアイデンティティを持ってるから、外でもがんばれるのだなと納得したりもしました。

さて、そんな彼が今週末、再び登場します。
11月7日(土)にオープンするメイカーズラボ・とよはしのオープニングイベントにて、ネット出演します。
151013_165927
時間は、14:30~14:50頃。
水谷晃啓 豊橋技術科学大学助教の講演の中で。

オープニングでは、内藤さんも尊敬する慶應義塾大学の田中浩也准教授や、ガレージスミダの浜野慶一さんが豊橋にいらっしゃり、ものづくりの話をされます。

全国どころか、グローバルレベルな形が集結するものづくり拠点のスタートにご注目ください。 オープニングの詳細はこちら(申込不要)

では!


愛知豊橋・長坂なおと のblog より

プロフィール
長坂尚登|1983年愛知県豊橋市生まれ。
地元の時習館高校卒業後、東京大進学、コンサルティング会社で働き、10年間東京で過ごす。2012年にUターンし、商店街マネージャーとして、豊橋のまちなかを奔走。2013年から内閣官房より地域活性化伝道師を拝命。
2015年商店街マネージャーを退職し、豊橋市議に立候補。新人トップ当選で、現職(無所属)フェイスブックページ

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑