命を惜しむならバス会社を疑え --- 中村 仁

2016年01月17日 21:00

bus
▲格安バス氾濫の時代。「自己防衛」も重要に(アゴラ編集部、写真は本文と関係はありません)

ネット情報時代の落とし穴


スキーバスの転落事故で14人の学生さんが命を落としました。笑顔の希望に満ちた顔写真、人物紹介の一覧表を見つめていて、どこで待ち構えているか分らない死の崖ぷちに暗転する人生の怖さを知らされました。「なんでこんな目に」という怒りの中で、印象に残った一言があります。

事故死した学生さんの父親が遺体を自宅で迎えた様子を、テレビが放映していました。「格安のスキーバスで行くと知っていたら、止めた」というのです。個人として身を守ることの大切さを教えているのです。報道はバス会社が安全管理の無視、軽視や被害者を襲った悲劇を集中的に扱っています。そればかりではいけません。メディアとして、焦点をもうひとつ持たなければならないのです。個人としてできる命の守り方を父親が示唆しているのです。

不足するリスク情報


メディアの報道は被害者の悲劇にどうしても、傾斜してしまいます。被害者による選択に間違いはなかったのかは、敬遠しがちです。情報があふれるほど氾濫するなかで、リスク情報は不足しているし、その見つけ方のノウハウはさらに不足しています。

企業のルール違反、企業犯罪が日常的に起きています。摘発し、規制を強化し、処罰・処分をするのは当然です。それをいくら繰り返しても、抜け道を見つけて新たな違反が起き、大事故につながります。それを前提にして、個人は身を守って行かなければならないのです。

価格検索ばかりに熱中する若者


事故死した20歳前後の学生さんたちは、ネット検索で格安料金を調べていたのでしょう。ネットショッピングの時代ですからね。価格の安さばかりに目がいっていたのと違いますか。安全性のチェックはしていたのでしょうか。恐らくしていますまい。長距離バスが引き起こす料金競争から事故が多発していることなど、ネットをみれば、情報を見つけられます。2、3千円程度を節約して、命を落としたら、釣り合いがまったく取れません。

多少なりとも、ふところに余裕があれば、異常な格安料金バスは敬遠するの普通です。とくに零細バス会社の格安料金は要注意ですね。この父親の指摘通りです。ゼミで担当していた学生をバス事故で3人も亡くした教授がぼう然としていました。教育評論家として著名な尾木直樹氏(69)です。キャリアデザイン学部のゼミといいます。ネット時代の落とし穴というようなことの、初歩の初歩を教えていなかったのですかね。

1億総活躍社会の“ひずみ”


過酷な市場競争の中でとにかく利益を生み出さざるえないため、承知の上でか、止むに止まれぬためか、ルール違反が常態化する時代になっています。スキーバス事故の記事の横では連日、有名カレーチェーン店が廃棄した冷凍食品を横流し、転売していた業者の事件が報道されていました。企業、会社を疑ってかかるべきなのです。超一流のはずの東芝で、3代の社長が続けて粉飾決算を部下に強要していたほどですからね。

ついでに。事故を起した運転手(65)は大型の経験がなく、昨年12月に契約社員として入社したそうです。契約社員、それも高齢者ですから安く使えます。1億総活躍社会とかいって、高齢者の働き手を奨励する時代です。まったく不慣れな大型バス、それも夜間の長距離ツアーと、不運が重なりました。これが1億総活躍社会の一コマなのです。

中村 仁
読売新聞で長く経済記者として、財務省、経産省、日銀などを担当、ワシントン特派員も経験。その後、中央公論新社、読売新聞大阪本社の社長を歴任した。2013年の退職を契機にブログ活動を開始、経済、政治、社会問題に対する考え方を、メディア論を交えて発言する。


編集部より:このブログは「新聞記者OBが書くニュース物語 中村仁のブログ」2016年1月17日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、中村氏のブログをご覧ください。

タグ:
アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑