「八方美人な生き方」をやめてみる --- 内藤 忍

2016年01月19日 15:30

image390-e1453166064365
久しぶりに入ることができた中華料理店で出てきたお通しは、何と白子でした(写真)。お客様全員に最初に出されるお通しなのに、好き嫌いの分かれる食材を使う大胆さ。しかし、以前メールマガジンでもご紹介したことのあるこのお店は、遅い時間にならないと満席で入れない人気店です。

繁盛している理由は「八方美人」のように万人に受け入れられるメニュやお店の内装はやめて、気に入ってくれる特定のお客様だけに絞り込んでビジネスをしていることです。紹興酒の品揃えはかなりマニアックで、フードメニュも普通の中華料理店には無い一風変わったスパイシーな料理が充実しています。

このような飲食店経営の戦略は、個人の生き方の参考になるのではないか。白子を食べながらそんなことを思いました。

具体的に言うと、万人に好かれようと「八方美人な生き方」をするのはやめて、自分が付き合いたいと思う人たちとより深くお付き合いしていくという人間関係を指向することです。

誰にでも好かれようとすればするほど、気を遣いエネルギーを消耗します。どんな聖人君子であっても、苦手な人、一緒にいてあまり楽しくない人というのは存在するものです。だったら無理をして消耗する必要はないと思うのです。

自分が付き合いたい人だけとお付き合いするなんて、現実には無理と思うかもしれません。でも、実際にやってみると、失うものはほとんどないことに気が付きます。自分が思うほど、相手はこちらのことなど気にしていないことがほとんどだからです。

仕事でのお付き合いがどうしても必要であれば、ビジネスライクにきちんと進めれば良いだけ。もし、自分で仕事相手が選べる立場にある人は、一緒に仕事をしたいと思う人とだけ仕事をする。

仕事でもプライベートでも、誰にでも好かれようとして中途半端なライフスタイルを続けているより、自分の一度の人生はもっと自分勝手に生きれば良いのではないでしょうか。

「八方美人」をやめるといっても、それは自分が合わない人に意地悪するとか、批判されることを一切排除するといった閉鎖主義ではありません。肩肘を張るのではなく、飽くまでナチュラルに自分が楽しく充実していると思う人間関係を構築していくことです。

友達の数を増やすことよりも、本当の友達と付き合いを深めていくことの方がきっと大切になる。年齢を重ねると共に、人生の優先順位を真剣に考えるようになりました。

※毎週金曜日に配信している「資産デザイン研究所メール」。資産を守り増やすためのヒントから、具体的な投資のアイディア、そしてグルメな情報まで、無料でお届けします。

※内藤忍、株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2016年1月19日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑