ことさら「日本出身力士」という大相撲報道へ異議

2016年01月24日 10:43

大相撲も、千秋楽に向けて盛り上がっていますね―。
琴奨菊の出だしからの猛突進で、三横綱を破っていくシーンなんてかなり迫力ありました。
白鵬との一戦なんて、手に汗握る感じでした。そして、取り組みのあとの白鵬の悔しい表情もまた印象深いなぁ。ただ押してばかりかといえば日馬富士の試合の最後の突き落としなんて「やるなぁ」って感じ。

ただね、なんだかテレビも新聞も

「10年ぶりの日本出身力士の優勝へ」

って連呼しているのが気になってしかたがないのです。
なんかさ、ナショナリズム煽ってる?くらいの勢いで。

強い!琴奨菊、初優勝へ

みたいな見出しで普通に良くない?
もちろん、10年前の栃東以来日本出身力士の優勝がないのはわかるし、そこへの待望が在るのも理解できるけれど。(2012年には日本国籍へ帰化した旭天鵬関が優勝していますが)けれどなんだか「日本人優勝待望」っていえば言うほど、なにか排他性を感じるし、例えば日本に住む外国の人々はどう感じるだろうかって。

Twitterでも検索してみると、ほら。

僕がまだ子供の頃、貴乃花とか若乃花と、曙が活躍していた時の話ね。
祖母が、曙や武蔵丸が勝ったりしていると「憎たらしいねぇ」と言っていたのを思い出す。戦前生まれの世代だから仕方ないのかもしれない。けれど、出身が違うだけで憎まれるとか、あるいは求められるってなんなんだろうなぁって。

そういう感情が生まれるのは理解できても、それを発信してしまうメディアってどうよって。
ニュースみて、思った話でした。

秋元祥治
NPO法人G-net代表理事・滋賀大学客員准教授・OKa-Bizセンター長

ではでは。

ツイッター、フォローして下さい akimoto_gifu

—-NPO法人G-netとは————————
【地場産業】の「社外人事部・経営戦略室」に。
意欲ある【若者】の、挑戦の伴走者に
【大学】の実践教育を加速させるパートナーに
—————————————————–
▼カッコいい地場産業での長期実践型インターン【日本一】
ホンキ系インターン http://www.honki-i.net
東海圏以外からの方専用サイト http://www.honki-i.net/welcometoGifu
▼誰も知らないかもしれない、でも魅力的な会社探し
若者が選ぶ岐阜の中小企業100選 http://100sen-company.net
—————————————————–
※本ブログの内容は私個人の見解であり、所属団体を代表するものではありません。

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑