テレビ出演も場数を踏む毎に「楽しさ>緊張」になる --- 内藤 忍

2016年02月23日 11:30

160222BS11-e1456185114974
BS11の報道番組「報道ライブIN side OUT」に出演してきました。生放送で1時間ですが、昨年の秋に続いて2回目なので、前回より随分リラックスして出演を楽しむことができました。

今回のテーマは「マイナス金利時代の資産運用術」ということで、新しいパラダイムに入った金融環境の中での資産運用の具体的方法についてお話させて頂きました。

番組の中では「資産から負債へ」「金融資産から実物資産へ」といういつもの持論と、実物資産のメリットとして「お金を借りる力」「イールド・ギャップ」の説明をしています。短い時間の中でシナリオの無い番組ですから、うまくまとめ切れたかどうか自信はありませんが、取り敢えず自分が言いたいことは全部言ってみようと積極的に発言したつもりです。

「何を話すか」よりも重視していた「何を着るか」については、イメージを定着させた方が良いというアドバイスに従って今回も同じ黒の皮ジャンで出演しましたが、その効果は既に出ていたようです。

露木さんと一緒に番組進行している黒崎アナウンサーから放送が始まる前の雑談で「以前も黒い革ジャンを着て出演されていましたね」と言われたからです。この手の番組にこのような格好で出演する人はやはり珍しいらしく、インパクトがあったようです。このまま「皮ジャンの資産運用アドバイザー」として定着させたいと思います(笑)。

国内の金利環境の変化によって、資産運用に関心を持つ人の数がさらに増えているようです。私が昨年出版した「初めての人のための資産運用ガイド」は今年に入ってからさらに売り上げに加速度が付いて増刷になりました。また、3月19日に開催する「第3回 世界の資産運用フェア」も事前申し込みの方全員に小冊子「マイナス金利時代の資産運用術」という資料を差し上げる特典を付けたことでお申込みが殺到しています。

お金との付き合い方は情報収集が命。正しい情報をできるだけ迅速に手に入れることによって大きな成果を生み出すことができます。テレビでは伝えきれなかったことをこれからもフェアやセミナーで伝えていきます。

※毎週金曜日に配信している「資産デザイン研究所メール」。資産を守り増やすためのヒントから、具体的な投資のアイディア、そしてグルメな情報まで、無料でお届けします。

※内藤忍、株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2016年2月23日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑