都議会が追及も、舛添知事の議案に反対は一人で驚いた件

2016年06月09日 06:00

舛添議案都議会こんにちは。

東京都議会議員(大田区選出)のやながせ裕文です。

都議会では、代表質問、一般質問が終了しました。議会質問がTVで生中継されるなど、いまだかつてない注目を浴びるなか、各会派はさまざまな工夫を凝らして「どれだけ厳しい追及をするか」を競い合いました。

代表質問では、自民公明からも激しい舛添知事バッシング。公明党からは「知事失格!」という厳しい発言がありました。本日の一般質問では、自民党議員からも「辞職」を促す発言が続出。流れは変わってきたかと思いきや。。

一般質問終了後の議決では、驚くべきことに、

舛添知事提出の人事案に、全員賛成。反対は私ひとりだけという驚愕の結果。

なんだ、これ。

写真の「東」は「東京維新の会」の略です。

普段から「責任与党」を自称する自民・公明が「都政を停滞させない!」と議案に賛成するのは理解できるけど、「辞職」を厳しく求める野党会派が賛成するのは意味不明。いつもよくわからないところで反対を主張する共産党も賛成とは、どうしたことか。

舛添知事に辞職を求めるということは、「舛添氏は知事の資格なし」と言っているに等しい。「知事の資格がない」ということは、「議案を提出する資格がない」と同義。資格がない知事が選ぶ人事なんて認められない!となるのは当然の帰結だ。

そもそも、少数野党にはきれるカードが少ない。続投を表明している舛添知事と対抗するには、あらゆる手段を使わないといけない。

議員「舛添知事!辞職しろ!」

舛添知事「続投する!この議案、通してね」

議員「賛成!」

では、何の迫力もないわけです。

議員「ふざけんな認めん!辞職しろ!」

と返してこそ、その本気度が伝わるというもの。「辞職を求める」と決めたのであれば、覚悟が必要です。一人会派で、質問時間もないけれど、決めたからには出来ることは全てやるつもりです。

都議会議員122名全員が賛成起立するなかで、ひとりだけ座っているのは若干あれなわけですが、「反対だよ!」と意見を表明。これを繰り返すこと3回。。。

チラッと見てうつむく舛添知事。何とも言えない困った顔をする安藤副知事。なんで反対なの?」と議員からは聞かれたりしてさらに驚き。。。

報道では、舛添知事が給与減額の条例案を提出するとのこと。これが自民党が繰り返し主張してきた「身を切る」という意味なのでしょうか。

こんな責任の取り方で、納得する都民はいないでしょう。明日からの都議会では、さらなる駆け引きが繰り広げられますが、しっかりと役割を果たしたいと思います。


編集部より:この記事は、東京都議会議員・柳ヶ瀬裕文氏のオフィシャルブログ 2016年6月9日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、やながせ裕文オフィシャルブログ「日々是決戦」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
やながせ 裕文
東京都議会議員(大田区選出、東京維新の会)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑