地方創生「何をやるか」より大切なこと

2016年06月15日 06:00

例えば、老朽化した施設。

その活性化プランについてはいろいろ考えることができるが、大切なことは「魂を込めて、いかに実行する」かどうかだ。施設には、運営する人たちの「気」が如実に反映される。どれだけ優れたプランでも、魂が入っていなければ、どんよりした空気に包まれる。

地方創生で様々な成功事例が取り上げられるが、「何をやるか」について、唯一の正解があるわけではない。また、「何をやったか」は、地域の固有の事情にも左右され、他地域の成功事例がそのまま正解になるとは限らない。

むしろ、「誰がやるか」、やる人がそこに「魂をどれだけ込められるか」が、大切ではないだろうか。そうした人材をいかに見つけ、気持ちを動かし、信頼してあとは大胆に任せる。そして、そうした人たちが働きやすい環境をつくる

長島大陸の体験を通して、これこそが「地方創生の成功の一番の鍵」だとつくづく思う。

<もっと知りたい!>
「何をやるか」より「誰と働くか」が大切なのは、実は就職活動も同じ。
●東京ドームの合説(合同会社説明会)に行く前にやるべきこと
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/67754919.html

もっと長島大陸と関りたい!
大陸の素晴らしいものを直送します。「長島大陸市場」
http://nagashimatairiku.com/

かっこいい長島をお届けしたい!長島大陸食べる通信。
11982656_10201024966662776_1241284230_n
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68480758.html

長島大陸の地方創生の象徴:食べる通信」編集会議に参加してみませんか。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68538693.html

集え!大学生~できるまで帰れません!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68537755.html

田舎暮らしはキャリアアップ!長島大陸で働く仲間を募集中。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68471295.html

JR博多シティ「くうてん」長島フェア絶賛開催中(~6月23日)
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68547276.html
IMG_0023
<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html

公私一致」という働き方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html


編集部より:この記事は、鹿児島県長島町副町長、井上貴至氏のブログ 2016年6月14日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『「長島大陸」地方創生物語~井上貴至の地域づくりは楽しい~』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑