バングラデシュの日本人犠牲者を悼む

2016年07月09日 20:50

バングラデシュの首都ダッカでイスラム過激はISISによるカフェ襲撃事件が起き、日本人7人が死亡した。犠牲者はJICAに委託されて現地で働いていた。それこそ前回書いた独立援助という日本の伝統的な方針に従い、ノウハウの提供にいそしんでいた人々だ。

いずれも交通や都市計画、環境などの専門家であり、鉄道の建設計画に協力して、交通渋滞の解消に貢献したいなど、各人の一途な思いは数万、数十万のバングラデシュ人のインフラを支え、貧困からの脱却に貢献したはずだ。

その意思についてのイスラム過激派の、まったくの無知と異教徒への制裁イデオロギーが悲劇を招いてしまった。愚かというほかなく、犠牲になった日本人には心からの哀悼を意を表するしかない。

しかし、上記のような各国への貢献はこれからも日本の役割と心得たい。

前回、述べたように、間違っても、中東の移民、難民を大量に受け入れようなどと考えず、その方針でいくべきだ。

この問題については以前、本ブログで「大量移民を受け入れていいのか」と書いた。参考にしてもらいたい。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑