明日は都知事選。一票が東京を変える

2016年07月30日 23:50

新宿区議会議員の伊藤陽平です。
増田候補についてご紹介する岩手旅行三部作も終了し、残すところ投票日だけとなりました。

今回の都知事選は、舛添氏の辞任により都政の信頼が失われたこともあり、政策だけでなく人物にもフォーカスが当たることになりました。

今回の選挙では、増田ひろや候補にフォーカスを当てることを仕事と考え、情報発信を続けてきました。

まずは、ファーストクラス問題。

都知事は13兆円もの予算を預かるトップです。
ファーストクラス自体は問題ないという意見もたくさんありました。

しかし、増田ひろや候補の場合、自分がファーストクラスを利用しながら他人を批判されていました。
そして、ファーストクラスに関する利用のルールは、知事の意思なしに変えることはできませんが、議会で「不況だからファーストクラスは控えてほしい」と懇願されたにも関わらず、自ら答弁することもなく課長を通じて冷たく却下しました。

次は1.4兆円の借金問題。
今回増田ひろや候補が立候補を表明してすぐに、岩手県知事時代に借金が倍増していたことも話題となりました。
公の場でも「借金は問題ない。未来への投資である。」と主張し、いわれなき批判として以下のような書類も発表されています。

keiba1

しかし、こちらの問題に関して伊藤自身が岩手県に行った際に数百億円クラスの建物を見てきましたが、見た目は豪華ですが中身は空っぽという施設が多くありました。
また、後に330億円の融資を行うことになった競馬事業の経営悪化問題、森のトレー事件など、県民の信頼を大きく失墜し給料の減額を自ら発表することになりました。
この時は問題があることを認めているにも関わらず、何も知らない東京都民に対しては、過去のことはまったく問題ないかのような説明をしていたことに問題があります。

こちらのテーマでは、岩手旅行編をご紹介します。

増田ひろや候補についてフォーカスすることになってしまいましたが、真面目に広域自治体の政策について考える機会になりました。
今後の議会活動にも活かしたいと思います。

先日から始まった音喜多都議のニコ生番組に、連続で出演させていただいたのですが、そこでも増田ひろや候補についてお話をさせていただきました。
最終回では1200名、コメントは4000を超えるほどの注目をいただく番組となりました。
ご視聴いただいた皆様、誠にありがとうございました。

私のブログでは重点的に増田候補をご紹介させていただくことになりましたが、他の情報も見ていただき、投票をしていただければと思います。

みなさまの一票が東京を変えることになります。
明日は雨の予報でしたが、晴れるかもしれないようですね。

それではまた明日。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑